オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

秋の立ち上がりは女性の服装に合わせること

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

お洋服屋さんを見ていると、すでに秋物で立ち上げが終わっているところとバーゲンで引っ張るところがハッキリ分かれてくる季節になりました。

お店サイド的な立場ではとても難しい季節です。

正直残暑が厳しいのでもう少し夏物を展開しておきたいけど、アパレルである以上秋物で勝負していかないといけないし・・・

どっちに転んでも正解じゃないとか・・・

お店も買う側もなかなか読みにくく悩むのが今ですね。

ただあまり考えたくはないと思いますが、あと2週間もしないうちに9月ですよ!

晩夏から初秋になるわけです。

我々ビジネスパーソンにとってはこの季節の変わり目を上手く視覚に訴えかけられるようにすると非常にポイントが高いでしょう。

 

  • 女性の服装の変化を見逃さないようにしてみよう

そこで今日のタイトルである女性の服装の変化を感じ取るというもの。

男性と違って女性の季節に対する認識はとても敏感です。

ですから今申し上げたお洋服屋さんも女性物のお店の方が秋の立ち上がりが早いというのをお気づきでしょうか。

奥さまや彼女とショッピングにお出かけしたとしても、なかなか男性目線だと気が付きにくいかもしれませんが、女性目線で見るともう秋を見ている方がいらっしゃるのです。

そして、我々男性陣はその周りの女性陣のその服装の変化を感じ取るようにしてみましょう。

夏色から秋を感じる色使いが、小物やアクセサリーが変化してきている時を見逃さない様にしてみましょう。

そのサインは男性陣も変化していくタイミングだということを教えてくれているのです。

もし、周りに女性スタッフが多いとして、みな秋を意識した服装になっていたとしたら・・・

まだ夏のクールビズを意識した服装でいいでしょうか?ってことです。

装いとは自分が意識するかどうかではなく、相手や周りが判断することです。

そのジャッジメントがまだ夏服であまり身だしなみに気を付けない人ですねってレッテルを張られてしまうのか、ちゃんと私たちのことを想ってくれている人なんだ、オシャレに気を付けていてくれている人なんだと認識してくれるかどうかということ。

効率、能率重視であるならば何でも構いませんし、そもそもこのブログを読まれていないと思いますが、少なくともここまで読み進めていただいているならば装いを真面目に考えていらっしゃるはずです。

これから季節の変わり目になっていきます。

毎年この時期になると、迷うタイミングが現れるはずです。

残暑が残る日もあれば、なんだか急に秋を感じるような乾いた空気だったり・・・

そんな時は女性の服装を目安にしてみてください。

無理して先走り過ぎて、モコモコの真冬を持ってきていてしまうと逆効果ですね。

少しづつ変化させていきましょう。

例えばベルトやシューズ、バッグといった小物からでも構いません。

夏から秋に確実に変わっていきます。

その変化を装いで表現していく。

これ程記憶に残る、それも良い印象付けをすることが出来ることはないでしょう。

まだ8月ですから、今のうちにその準備をしておきましょうね。

恵比寿にある商業施設アトレはもう秋全開ですね。

オーダースーツ、ジャケパンは今がもう旬ですけどね!

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top