オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

春物を選ぶときは少しだけ明るめの色を選んでみよう

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

春のコレクションが次々に入荷してきています。

見ているだけで楽しくなっていきます。

いかにも春っぽい感じがしますよね!

世界にはこんなにも多くの生地があるのかと毎回思うのと同時に、あれも良い、これも良いと色々と妄想が膨らんでいきます。

この生地でこうデザインしてこんなシルエットにしたらあの人の印象がさらにアップしていくだろうなって感じです。

そして、自分も欲しくなってしまうという・・・

いや、作ろうという・・・

仕立屋さんとしての特権ですね。

新作ホヤホヤのコレクションをじっくり吟味出来るなんて。

 

  • 春物を選ぶときは少しだけ明るめの色を選んでみよう

流石にまだまだ冷え込んでいます。

東京はずっとカラカラの乾燥しきっています。

防寒着に身を包んでいる状態だと、どうしもイメージが湧きにくいですよね。

今の寒さに適応する色を選びがち。

だいたいみなさんそんな感じです。

そこで、ポイントとしては、少しだけ明るめな色を選んでみましょう。

そもそも春物コレクションと冬物コレクションでは全体の色合いが全く違いますけどね。

なにも芸人のような派手な色にするべき、というわけではなくて、あくまでも実用可能なスーツという範囲の中での話です。

どんなに今が寒かろうが、かならず春はやってきます。

その時にバッチリ決まるようにしてみましょう。

なかなか選ぶのが難しいと思いますから、ボクがいるのです。

いつ着る一着にするのかが絞り込めると、ベストな色柄、素材をチョイスを探すことが出来ます。

春物を選ぶときは少しだけ明るめがオススメってことです。

 

そして、今年はどんな一着にしようかと迷っています。

みんなよく見えるので迷いっぱなしですけどね(苦笑)

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top