オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

成人式を過ぎるとアパレルは梅春物という春夏物になります

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

アパレルというのは季節と密接な関係のある業界です。

というより季節が存在するからこそ、成り立っているといってもいいですよね。

そしてこれはアパレルに限らず色々な業界でよく言われる「ニッパチ」という言葉があります。

2月、8月を表す造語で、一番ヒマやねんというある種のスラングです。

そんな造語の一つとしてアパレル業界にしかない言葉があります。

それが「梅春物」です。

 

  • 成人式が過ぎると梅春物

ショッピングモールでは春を前面にするところとバーゲンを引っ張るところが混在している時期。

冬物のバーゲン、セールもこの成人式を過ぎると残品という感覚になっているのではないでしょうか。

買う買わないに関わらず、冬物全開のお店は売れてないんだなって思っているでしょ?

現に表参道から青山界隈のショップのショーウインドウでもうバーゲンを打ち出しているところはほとんどありません。

VP(ヴィジュアルプレゼンテーション)のディスプレイには春を連想させるビビットな色合いのお洋服が着せ付けられています。

本格的な寒さはまだまだこれからですが、アパレルはもう春に移行していきます。

とはいっても、厚手のコートにマフラー、手袋が必要なこのタイミングで春のイメージのお洋服を買いたい人はそうそう多くはありませんよね。

オーダーメイドは時間かかりますので仕上がりからのタイムスケジュールで計算する必要がありますが、既製品はそこまで物欲センサーに引っ掛かる逸品に巡り合えることはまずないでしょう。

そこで、お店としては言葉を少し変化させてプレゼンしたいということから生み出されたのが梅春というコピーですね。

もっともそれは売る側もよくわかっていて、その昔は春夏と秋冬と2シーズンしかない商品構成でしたが、今では6シーズンにまで細分化した商品展開しているところもあります。

これってめちゃめちゃ大変なんですけどね。

ご苦労様です。

そして、そこまで対応出来ない場合は普通の春夏物を梅春と言葉を変えただけで販売しているという・・・

ま、それがアパレルなんですけどね。

 

オーダーメイドも着用タイミングに合わせて準備するとハイパフォーマンスを発揮出来ます。

春は年度の区切りとなります。

3月と4月は別物ですよね。

それに合わせて装いを変化させると自分にも周りにも違和感なく、衣替えが出来ます。

きっかけがないとなかなか切り替えられないのが装いです。

そのきっかけとして最適なのが春の年度の切り替わりではないでしょうか。

忙しくなる前に準備しておくとよいことありますよ!

スケジュールを組んでいる人はもう準備しています。

 

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top