オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

どうやったらのんびり出来るのかを考えてみるのもまた面白いのかな

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

オフィシャルにお休みを公言出来るようになりました。

ココアッッソを立ち上げるまでは、公にしかも暦に合わせて連休を取るなんで考えたこともありませんでした。

組織の中にいるとどうしても立場やポジションがあって、どうにもならないのもよくわかります。

そういう時は頑張るタイミングなんだってことですよね。

その辺りも踏まえて、ココアッッソを立ち上げる時に考えたこと。

・自分の思うようにやっていく。

・無駄を手放す。

 

自分の会社なんですから、自分の思う通りにやっていきたいのです。

誰に何を言われようがボクの信念に基づいてやっていく。

そのためにとことんやり抜くということですね。

その為には自分で責任を取ること、それを覚悟しました。

今では、すべてが自分で決められるこの生き方が出来ることが何よりもシアワセです。

もう一つは、無駄を手放すということ。

世の中にはなんでもかんでもちょっかい出して、全部自分の手柄にしたい人っていますよね。

また、手柄は欲しいけど責任は取らないという表現もあるかな。

そういうメンドクサイことを一切放棄しました。

自分で責任を取るということは、手放さないと出来ないのです。

そもそも自分で出来ることなんて限られていますから、出来る出来ないの線引きをした時に出来ないことは素直に手放す。

そのほうが出来ることに集中できるので、結果としていい方向になる。

自分のコアな部分にフォーカスして、その部分をより深く、また高い所にもっていく。

その努力を惜しむことなく注力することが可能となりました。

もしかしたら・・・っていつも不安から余計なことに首を突っ込んで、大事なことを見逃してしまうよりも、思い切って手を引く方がいい場合もあるってことがあるんですね。

勇気を出して手放さないと分からないですけどね。

 

のんびりするのはその覚悟があれば出来るし、余計なコトを手放しちゃえば案外簡単なこと。

逆にボクはどうやったらのんびりできるのかを模索してますけどね(苦笑)

たまには実家に戻って、ファミリーバーベキューもいいもんだと思える今日この頃です。

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top