オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

スーツの上着とジャケット単品では、ちょっとシルエットが違うのです

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

日を追うごとに春を感じる季節になりましたね。

そしてもう少し経つと、クールビズなんて言葉がそこらかしこで耳にするでしょう。

そうなると、ジャケパンを始めるにはピッタリの季節ですね。

 

スーツの上着とジャケット単品ではちょっとシルエットが違います

今日はこのお話です。

長年スーツを着用していると、スーツそのものは自然に使いこなせるのに、ジャケパンは難しいと感じる方が多いように感じます。

なぜか?

スーツの上着だけを使いたがるように思います。

どうしてもパンツから痛んでしまい、ジャケットだけが残ってしまう。

処分することも出来ずにタンスにパンツがない上着だけが増えるといった現象です。

それをなんとか活用できないか?ってお考えをお持ちの方がいらっしゃいます。

ズバリ申し上げて、やめておいた方がいいでしょう。

スーツの上着には上下で合わせる為に作られています。

それをジャケパン風に着こなすのはかなり上級な着こなしが要求されます。

100%ダメではないんですが、難しいでしょう。

無論、サイズや、デザインをリフォームすることによって蘇る場合もありますが、コストは当然かかります。

例えば、ボタンをスーツっぽくないボタンに変えるだけでもイメージは変わりますが、それなりにお金はかかっちゃいます。

それをしてまで使いたいジャケットかどうか?ということですね。

大がかりなリフォームは尚更です。

 

  • オーダーメイドの場合は微妙にシルエットを変えて作ります

ボクの場合は、スーツとジャケット単品では、シルエットを少し変えて作る場合が多いです。

その一例をご紹介します。

見ての通りこれはスーツの上着ですね。

これをジャケット単品に仕上げるとこうなります。

例えば、上記の2着は同じ人のスーツの上着とジャケット単品です。

ジャケットという言葉上は同じでも、ちょっと違うのがお分かりいただけますでしょうか?

基本的なパーツは同じでも、シルエットは微妙に違います。

もちろん使う素材や色柄からくる違いが圧倒的にイメージを作り出していますけどね。

それを差し引いても、違うのです。

 

  • 敢えてジャケパンでも活用出来るスーツとして作ることも出来る!

パンツから痛んでいくのはスーツの定めです。

であれば、普段からジャケパンで使えるように最初から作ることも可能なんですよ。

表現を変えれば、ジャケパンシルエットなんだけど、共生地のパンツでスーツになる、という表現にも出来ますでしょうか。

これは結構便利だと思います。

特に出張の多い方には有効です。

パンツだけ持ち込むだけでいいんですから、荷物が減ります。

オーダーメイドならではの仕様ですね!

 

ボクのオリジナルももうすぐ完成しますので、仕上がりましたらご紹介しますね!

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top