オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

衣替えで成功するビジネスパーソンとは?

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

衣替えで成功するビジネスパーソンとは?

季節が確実に変わってきている、春だなって感じる穏やかな日中が続いてきましたね。

朝晩は急に冷え込んでくるときはありますが、確実に春を感じます。

 

  • さて、衣替えはもうお済みですか?

これが秋冬ではなくて春夏の装いの好例です。お分かりになりますでしょうか?

ビジネスパーソンにとっては衣替えは半年に一回訪れる非常に大切な装いを変化させるタイミングです。

装いとは、自己の満足を満たすファッションではなく、相手からの好感度、信頼を上げることです。

特別難しいことではなくて、自分が思われたい、自分のあるべき姿をスーツで表現するだけなのです。

信用されたければ、信頼される着こなしを自分がすればいいだけです。

すっごい今人気で確実に儲かっています!って自分で言っている人が、くたびれたスーツ着ていたら、信用されないでしょ?

そういうことです。

それを季節に合わせて切り替えることが出来るのが、衣替えです。

四季のある日本ならではの文化です。

文化として根付いているからこそ、とても有効な手段なのです。

万年同じスーツを着ている人と、季節に合わせて装いを変化させている人では、当然得られる信用は変わりますよね。

衣替えを有効活用しましょう!

 

  • 衣替えでの着こなしのポイント

今年の流行のカラー、トレンドのデザイン、に惑わされないこと。

自分のあるべき姿を、評価したい姿をブラすことなく、常にキチンと表現しましょう。

出来るビジネスパーソンは自分のカラー、スタイルを貫いているんです。

一見すると、さっき言った衣替えで装いを変化させるのと相反することのように聞こえますが、そうではないのです。

人間の記憶に残るのは印象です。

その印象とは色と形の二つです。

ココをブラさないようにすること。

自分である事の印象を色、形のどちらか、あるいは両方は変えなくていいのです。

その上で季節感を出せばいいのです。

簡単に言えば、秋冬のスーツと春夏のスーツは質感が変わりますよね。

ネクタイも秋冬と春夏では色合いが変わりますよね。

シャツもノータイが基本のクールビズで許されるボタンダウンのシャツをそのまま秋冬でタイドアップしたら違和感があるのは当然です。

そういった形と色を季節に応じて変化させるのが衣替えです。

ボタンダウンシャツではないシャツと春を意識させる生地感のスーツとネクタイを合わせるだけです。

これって基本的なコトだと思いません?

キッチリ結果を残している人は、この基本を守っています。

つまり、特段流行、トレンドといったキーワードに惑わされてはいないのです。

ということは、誰でもすぐに取り入れる事が出来るということになりませんか?

それが衣替えという素晴らしい文化が、きっかけとして利用しやすいのです。

ジャケパンはより季節を表現しやすいはずです。

さあ、まだ間に合います。

今一度装いを見直してみましょう!

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top