オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

心に火をともす為にアート・芸術に触れてみる

ターナー(土方)です。

ボクはオーダーメイドの仕立屋さんです。

仕立屋さんには、2つのタイプがいます。

販売員気質の人と、職人気質の人。

売ることが目的の人と、作り上げるのが目的の人って感じですかね。

ボクはどちらかというと後者のほうです。

スーツは作品って感覚で仕立ててます。

いかにしてアートになるように作るかってことがベースになっているような気がするのですね。

アートが好きなんで。

 

てことで、

たまにはアートに触れてみる。

心に火をともしてくれます。

そう思うんですね。

ボクはターナーってニックネームを名乗ってます。

知っていると思いますけど、英国の画家、

「ジョセフ・マロウド・ウィリアム・ターナー」

今現在、英国史上最高の画家と呼ばれてます。

ボクはターナーの絵が好きなんです。

心にビリビリと響くあの絵が好きなんです。

だから勝手にターナーにしちゃいました。

 

  • アート・芸術に触れてみるのも、心に何かしらの火をともすと思うんです。

普段から触れまくってると中々そのありがたみが薄れちゃうかもしれませんけど、日頃ずっとシゴト一本で働きづめだと、このアート・芸術って響くと思います。

どんなジャンルが響くのかは人それぞれだと思うんですけどね。

でも、取りあえず何かに触れてみると面白いことが起きるんじゃないかな。

ボクはですね、先日友人である西山さんが所属している楽団のクラシックオーケストラコンサートを聴いてきました。

IMG_3810

素晴らしいロケーションでした!

あれだけの人数の人が、音を合わせて奏でるってアートです。

そして、楽曲はブラームス。

1800年代、ドイツを代表する作曲家。

いいですよね。歴史に残る名曲を聴いてきました。

 

  • クラシックのコンサートって聞いたことありますか?

スピーカーやイヤホンじゃなく、リアルのサウンドでです。

リアルで体感するって大事じゃないかって思います。

ターナーの絵だって、ググればいくらでも出てきますけど、PCやスマホの画面で見ても何にも心に響かない。

本物を見た時の感動、心の震えみたいなのがないです。

やっぱりね、リアルって大事ですね。

しっかりと心に火がともりました。

西山さん、お疲れ様でした!

コンサート

おや!?後ろで自撮りしている人は・・・?

ボクもオーダーメイドスーツを通じて、アートを伝えていこうと思います。

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top