オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

「アクセント配色」を意識してみましょう

ターナー(土方)です。

今日は、

「アクセント配色」を意識してみましょうってお話です。

 

色を組み合わせる時に何を基準に選んでいるでしょうか?

通常ビジネスにおいて扱える色の組み合わせは限られています。

といっても、その組み合わせ次第で印象付けを変化させることが出来るのです。

その一つが、

「アクセント配色」

対面する、又は多数の人達からいかにしてメモリーフックしてもらうか、覚えていただくか、もっと正確に言えば、相手の記憶の無意識に刷り込んでもらえるか。

この無意識に「この人は~」となっていただくことが理想ですよね。

少し視点を変えてみましょうか。

例えば、あなたは今日町内会の会合に出席したとします。

翌日には、顔も思い出せない人っていませんか?

必ずいるはずです。

誰だっけ?ってなってるはずです。

では、顔と名前が一致している人はいますか?

その記憶が刷り込まれた人の認識はどうしてですか?

 

伝わってますか?

 

ビジネスにおいて、対面する相手にいかに認識してもらうか、記憶してもらえるか、何といっても忘れられない存在になれるか。

ここがとても大切ですよね?

その為に何をしているでしょうか?

声がデカい。

顔がデカい。

ではないんです。

それも一理ありますが、その前に簡単に出来ることがあります。

それが、「装い」です。

あなたが、あなたという認識をしてもらえる、もっとも効率のいい方法です。

わざわざ自分が何者であるかを語る必要もないんです。

装いのイメージを、相手は勝手に認識してくれるんですから。

名前までは覚えられないかもしれませんが、このイメージという記憶は残ります。これが無意識の記憶なんです。

覚えなきゃならないという顕在意識と違って、この無意識の記憶は残るんですね。

あとは、それを意図的に装うだけでいいんです。

それだけでいいのです。

それを知っている人と知らない人では物凄く差が出るんですね。

自分のお気に入りと、相手から記憶してもらえる装いは違うということです。

それを実践してみましょう。

 

ちょっと話が長くなりました。

人が無意識にイメージを記憶する時に、「色」が重要です。

色は言葉の概念と違ってまさにイメージです。

すっと記憶に刷り込まれます。

 

もし、多数ないし対面する相手に記憶してもらいたいのであれば、

方法としてアクセントを持ってくる色の配色をしてみましょう。

IMG_3045

IMG_3046

IMG_3047

IMG_3048

画像では、

茶系のジャケットとブルーのシャツを持ってきています。

茶とブルーと言うのは色の色相環ではほぼ反対側に位置します。

普通は合せないかもしれません。

しかし、実は相性のいい色なんです。

そして、それはみる人の記憶に残ります。

名前までは記憶に残らなくても、イメージは残ります。

この差は大きいのです。

 

こういう「色」を使うと、言い方が少々悪いですが、相手をコントロールすることが出来るんですね。

無意識ですからね。

というわけで、参考にしてみてくださいね!

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top