オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

Super表記はいったいいくつを選べばいいのか!?

ターナー(土方)です。

Super表記はいったいいくつを選べばいいのか!?

 

今日はこの辺を、個人的な意見も述べながらお話してみたいと思います。

最近はどこのお店でもこのSuper表記ってのが一つのセールスポイントみたいになってますよね?

スーツやジャケットだけでなくコートにまであると聞きます。

なので、このSuper表記ってかなり一般的なある程度価格に比例する単位、購入する目安になっているんじゃないでしょうか?

 

  • では、このSuper表記ってなんでしょう?

ココって実は売っているお店の人もあんまりわかってない場合も多い部分です。

なんとなくこの数値が高いほうがいいのかな?

数値が高いほうが滑らかなのはわかる。

こんな感じでしょう。

 

このSuper表記と言うのは、糸の太さではないんです。

羊から刈り取られた原毛のクオリティを表す単位なんですね。

CA390881

この綿菓子のような状態のこのフィラメント状のクオリティを表す単位がSuperなんですね。

羊から刈り取られ、洗浄され綿のようなフカフカな状態。

ここから選別されていきます。

この繊維の一本のクオリティの単位が、Super表記になるんですね。

目安としては、

Super80’sで、19.5μ(ミクロン)

Super100’sで、18~18.5μ

Super150’sで、15μ

Super200’sで、13.5μ

こんな感じです。

ちなみにμは1ミリの1000分の1です。

はっきりいって覚えなくてもいいですよ。

数値が高くなるほとメチャメチャ細くなるって覚えてもらえればいいです。

今現在スーツに使われているウールはほとんどが豪州産のメリノ種という羊さんから産出されています。

このメリノ種のウールではだいたいの目安が18μくらいって言われていますから、Super表記では100’Sから110’Sが基本的な限界レベルだと思ってもらっていいです。

 

ここで問題なのが、Super120’S以上の表記がある生地があります。

これはなんなのか?

メリノ種のウールの中でも本当に繊細な少量がとれる部位があります。

それがSuper120’S以上となっていきます。

ん?

世の中120’Sが大量に出回ってるじゃないか!?

こんな風に思わる人もいるんじゃないかな?

明らかに産出量よりも多くの高Super表記モノが出回ってます。

これはですね・・・

表記のルールがあやふやだからなんですね。

簡単に言えば、100%使う必要はないんですね。

その配合がどの程度であろうともそれを使えば表記出来るんですね。

だから世の中高Superだらけってことなんですね。

業界ではあんまり触れられたくない部分じゃないですかね。

ボクはこうして書いちゃってますけど(苦笑)

 

  • ということで、本題のSuper表記はいくつを選べばいいのか!?

ってことになります。

ズバリ!

一般的なビジネススーツとしては、Super100’S~Super130’Sくらいが扱いやすいでしょう。

IMG_2565

カルロバルベラというイタリアの毛織メーカーさんはかなり信用出来ます。これはボク自身が実際に着用しているから間違いありません!

一日スーツで過ごすお仕事では、このくらいの単位が現代では望ましいと思います。

上記にちょっと書きましたけど、純度100%ではないSuper表記では、数値はあくまでも目安くらいに考えていたほうがいいでしょう。

お買い得なSuper120’Sより、それよりも価格の高いSuper100’Sのほうが滑らかな場合が多いです。

それは、Super表記に現れない部分のコストをしっかりかけて織り上げられているからなんですね。

原毛から撚りをかけて糸にして、織り上げる工程のほうが大事ってことです。

あんまりこの表記に踊らされないほうがいいんです。

それよりも、自分のスーツを使う状況から選んだほうがいいんですよ。

外回りが多く、移動時間が長い場合などは、あんまり高Super表記の物はくたびれやすくなります。

出先の大事な場面で、クタクタになっていたら返ってマイナスポイントになっちゃいますよね?

逆にコンペなどの大事なプレゼンの場においては、この日本においてはツヤ、光沢といった部分が評価される場合がおおいですから、少し高いSuper表記のものも選んでみるといいでしょう。

特に経営者であれば、自分自信をブランディングしていく必要がありますから、立場として必要になるはずです。

一長一短なんですね。

 

あとは、Super150’S以上はどうなのか?

IMG_1436

これはチェルッティですね。このクラスは風合いが最高に気持ちいいです。幸せを感じるレベルです。その代りデイリースーツには向かないってことです。

このクラスになると、お買い得な生地では表記出来ない領域になっていきます。

つまり本当に繊細な生地になっていきます。

無論、高額になっていきます。

このあたりの生地は、一般的なビジネスシーンではむしろデリケートすぎちゃうと思います。

あくまでもボク個人の見解ですけどね。

外回りにしろ、デスクワークにしろ、シワシワ、ヨレヨレになっていきます。

フツーに使っていればですよ。

しかし、その滑らかさ、しっとり感、明らかに一線を画すその光沢はかなりのアドバンテージにもなります。

パーティーシーンやおめでたいシュチュエーション、周りがそのクラスを纏う人たちであれば、このクラスが必要になっていきます。

気分はかなりいいはずですね。

でも、ガンガン着ることは出来ませんし、繊細過ぎる生地ですから、無茶なタイトなスタイルには向きません。

すぐにダメにしちゃう確立が高いですからね。

 

  • そろそろまとめましょうか。

営業支援スーツとして現実的な使い勝手は、Super100’S~130’Sくらいが個人的にオススメです。

成績が上がりますよ!

Super150’S以上の表示はビジネスでガンガン使うより、フォーマルな装い、周りがそのクラスを纏っている場合に有効じゃないでしょうか?

これは今までのボクの経験からくる判断ですから、みなさん思うところが違うかもしれません。

参考程度にしてくださいね。

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top