STUDIO  COCOASSO

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

一着のスーツにはすごい量の生地を使うのです

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

スーツやジャケットを一着仕立てるには結構な量の生地を使います。

元々は平面である生地を人間の体の曲面に合わせるように立体的に作る為には無駄なく隙間なく生地を使い切るのは難しいのです。

どうしても隙間が出来てしまうということです。

さらにストライプやチェックなどの柄がある場合はさらにその柄合わせる為により多くの生地を使うのです。

これは二つ折りにしている状態ですね。

通常の生地を織機に織り上げる場合はその幅は150㎝になります。

そしてその長さをどれだけ使うのかというと、普通体型だったとしても300㎝は使うことになります。

結構スゴイ量なんですよ。

それだけの大きさの服地というものを実際に見る機会なんてそうそうないと思いますから、なかなかイメージしにくいと思いますけどね。

ちなみにその生地を適量にカットする時に便利なハサミのことをピンキングハサミといいます。

これがピンキングバサミです。

キレイな山切りカットになりますね。

画像のよう山切りカットにすることが出来るので、カットした時にほぐれにくいのですね。

またその織り上げている生地の幅がまれに140㎝前後といった通常の企画よりも狭い場合があります。

そのようなイレギュラーだったとすると物凄い長さが必要になってくるのです。

だってその幅で型紙がハマらないですからね。

IMG_3647

幅が狭くなればなるほど、難しくなるということです。

物凄く大変でしょう?

こうやってみなさんが着ているスーツは作られているのですよ。

ファストファッションという文化が定着して、お洋服は気軽にどこでも手に入る時代になりました。

そしてそれはスーツやジャケットでも同様のことが起こり、文字通り使い捨てが出来るような価格で手に入れることが出来るようになりました。

しかしながら、そんな手軽に手に入るスーツであろうとも、使う生地の量は変わりません。

物凄い量を使っているんですよ。

大量生産の既製品とボクのようなオーダースーツでは流石に同じというわけにはいきませんけどね。

そしてそんな生地を織り上げるのも結構手間がかかっています。

ですから、今まさに着用しているスーツも大事にしてくださいね。

 

3月に入り一気に春めいた気温になる日も多くなってきました。

そろそろ新しいスーツをご新調するには良いタイミングですよ。

衣替えと共にフレッシュな装いに変えていく。

オススメです。

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top