STUDIO  COCOASSO

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

今年こそジャケパン始めませんか!?

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

今年こそジャケパンを始めませんか?

ジャケパンスタイルというのは、決して難しいものではありません。

簡単なんですよ!

これから春を迎え、そしてクールビズ期間に入っていきます。

この流れは変わりません。

しかし、少しの流れに変化が起こってきています。

クラシック回帰

クールビズという言葉がどんどん拡大解釈され、ビジネスとは程遠いただのカジュアル化が進み過ぎてしまいました。

元々カジュアルが普通であるならば問題ないですが、我々ビジネスパーソンとしては受け入れることがそもそも出来ないところまで行き着いてしまいました。

ちょっとやり過ぎだろうってことで、もう少し大人の装いにしようという流れが起きています。

ビジネスマナーとしてあるべき方向に戻ってきています。

これは真理ですよね。

 

  • そこで、始めてもらいたいのがジャケパンスタイル

ジャケパンスタイルのジャケットはスーツの上着とは違います。

でも、まったく違うモノでもないのです。

ほんのちょっとした部分が違うだけです。

パンツもまたしかり。

難しく考えなくていいのです。

 

  • ポイントは素材感を合わせる

素材感を合わせてみるだけで、なんとなく合っているように見えます。

サラサラした素材感には同じサラサラした素材を組み合わせる。

ツルツルした素材とモコモコした素材は相性が悪い。

ほんとそんな簡単なことなんですよ。

それだけでオーケーなんです。

 

  • 色はネイビーとグレイの2色だけで十分です。

ジャケパンスタイルというと派手な色目をイメージしている人が多いですが、ビジネスパーソンには不要です。

スーツと同じくネイビーとグレイの2色だけで、ジャケパンスタイルは完成するのです。

この2色だけなら違和感なく始められると思いませんか?

 

  • そんなことで、ボクも今年のジャケパンを作っていきますよ!

ジャケットはコレ!

パンツはコレ!

組み合わせのイメージはこんな感じ!

扱いやすそうな感じがしませんか?

 

  • 春は衣替えの季節です

色々な意味で新年度が始まる時でもあります。

自分を切り替えるタイミングとしてはちょうどいいはずです。

ぜひ一緒にジャケパンスタイルを楽しんじゃいませんか?

 

さて、ボクのジャケパンはどんな仕上がりになるのでしょうか?

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top