オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

シャツの襟の開き具合の違いを比べてみよう

土方洋(ヒジカタヒロシ)ニックネームのターナーです。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

今日はシャツの襟の開き具合の違いについてのお話です。

シャツの襟の形も様々で、実は沢山あります。

シャツに関してはスーツやジャケットのような自由にデザインするのとは違い襟型はパターン選択になりますが、かなりの種類を選ぶことが出来ます。

実際にはマニアックな形もありますので、そのすべてに注文があるわけでもないですし、ボク自身もオススメしない形もあります。

基本は使えること、これが一番です。

素直に正解を選ぶってことですね。

もちろんその正解は十人十色ですから、マニアックな襟型までラインナップしているということです。

そんな正解な襟型を3つご紹介します。

 

  • 襟の開き具合にご注目

襟の開き具合によって雰囲気はかなり変わります。

クールビズシーズンにおいてはネクタイをしないことが当たり前になりましたね。

そんなシーンにも使えますし、タイドアップした場合にも使うことが出来る襟は少し開き気味にしてみるのをオススメしています。

これはジャケットをは羽織る際にはそのジャケットのデザインとのバランスも大切ですが、それらを加味してもこの3つあたりから選択をするとだいたい収まるのではないでしょうか。

それを丁度良いタイミング仕上がってきましたシャツでご紹介します。

ワイドカラー

ホリゾンタル

スーパーカッタウェイ

 

  • どのくらいまでの開き具合にすれば良いか?

とりあえず3つのパターンもご覧いただいてどうでしょうか?

ボクの個人的なオススメは真ん中のホリゾンタルですね。

時代的なバランスが実に良いです。

ネクタイがあろうが無かろうがどちらにも対応しますし、もちろんボクが作成するターナースペシャルカットモデルとの相性もバッチリな襟の開き具合となっています。

迷ったらこのホリゾンタルがおススメです。

もう少し正統派であるならばワイドカラーが良いでしょう。

メインはタイドアップとし、たまにネクタイを外すと男の色気が出るのがこの襟の開き具合のポイントです。

公職に就かれていてオフィシャルな場で着用となるとこれが必須となります。

TPOに合わせて使い分けるという意味では使いどころがかなりあるのがこのワイドカラーです。

思いっきり振り切りたい人向けなのがスーパーカッタウェイです。

これはノータイでは今風に、タイドアップすると意外にもクラシックな正統派に見えるという襟型です。

どっちに転んでも振り切りたい人には良い襟型ですね。

どのくらいまでの襟の開き具合が良いのかと問われれば、ボクはバランスとりましょうと唱えます。

世の理はバランスの上になりたっています。

それはシャツ選びにも当てはまります。

シャツという単体では成立しないのが着こなしです。

どんなパンツにベルトとシューズを組み合わせるのか?

秋になりジャケットとの相性はどうなのか?

それでどんな場所でどんなポジションを任せられているのか?

シャツだけではなくトータルのバランスで考えてみましょう。

もちろんそのあたりはまるっとボクにお任せしていただければ問題ないですけどね。

 

そろそろ新しいシャツに切り替えていきませんか?

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top