オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

ビンテージ風の最新素材が感性に響きますね!

土方洋(ヒジカタヒロシ)ニックネームのターナーです。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

以前ビンテージ生地とは何なのか?的なことを書きました。

結論を言えば、ただの売れ残りってことですね。

意図的に価値を出す為に、寝かせるなんてことは生地に限ってはあり得ないですからね。

ワインと同じにはなりません。

もしビンテージのの方が良いのであれば、そもそも現代の機屋さんは生き残れません。

とはいうものの、過去に生み出された色柄や質感は確かに優れているのも事実です。

現代だからこそカッコ良いと感じるのですよね。

となれば、どうするのがベストなのか?

新しくビンテージ感のある風合いを再現すればいいじゃないか。

ということで、各社が近年過去の自社アーカイブデータ(保管庫)からインスパイアされた生地をリニューアルして登場させています。

見た目は古き良き雰囲気を醸し出していますが、最新の生地ですから最高です。

現代のデザインはジャケットにしろパンツにしろ、過去の売れ残っていた過去生地をそのまま流用するにはちょっと無理がる位変化しています。

その時代には最高の一着になるべく織り上げられているのですが、時代が変わるとその条件は変わります。

ものすごーく単純に言えば、昔の生地はものすごくゴワゴワなんですね。

そして現代の生地はとても柔らかい。

柔らかい前提での時代背景からデザインが変化していますから、ガチガチの生地で作成したとしても似て異なる感じになってしまいがち。

それを今風にリファインして時代のデザインにマッチさせているのがビンテージ感生地というわけです。

このシアサッカーというポコポコした生地は結構人気だったりします。

ボクが好きなのでオススメしているわけですが。

感覚的な表現なのですが、何と言いますかアジがありません?

雰囲気を感じると言いますか、心に響くかなと。

もちろん服飾ですから、それ単品だけでは意味を成しません。

それ以外のアイテムとのコーディネート(組合せ)が大事です。

それも簡単に合わせられるように感じませんでしょうか?

 

今後もこのビンテージ風な最近の生地がぞくぞくと生まれてくるでしょう。

そして最新としてはストレッチ性などのより快適さをプラスし着心地も最高な生地が増えるでしょうね。

ビンテージじゃなくて、ビンテージ感の最新生地をセレクトしてみませんか?

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top