オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

仕事服で必要なのは使えることです

土方洋(ヒジカタヒロシ)ニックネームのターナーです。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

ビジネスにおける着こなし、装いが変化しています。

みなさんのまわりでも、そしてみなさん自身もこの変化が起きているかもしれません。

時代が動くときは服装も変わっていきます。

今はその変化が起きているタイミングです。

このタイミングに生まれてきていることにせっかくですから感謝したいですよね。

新しい服装を手に入れることが出来るんですからね。

とはいえ、急速な変化というのはなかなか受け入れにくいものです。

人間は恒常性の生き物ですから、慣れ親しんだ環境をいきなり変えていくのはかなりの負荷がかかるでしょう。

まして普段何気なく着用しているこの服装という習慣。

唐突に切り替えようとしても、なかなか勇気をだしてまで着たいとは思わないはず。

ということで、プロの仕立屋として大事なことを一つアドバイスさせてください。

それがタイトルです。

仕事服で必要なのは使えることです。

 

  • 本当に着るんですか?

変化が促されている時代だから、苦境のアパレル業界の必死のプロモーションだから、ファッションコンサル系がもてはやされている時代だからこそ、ちょっと考えて欲しいことがあります。

それ、本当に着るんですか?

というより着たいんですか?

こんな事例は山のようにあります。

着たくもない、使いもしない服を買ってしまう、もしくは勧めらて困ってしまう。

正直着たくもない服を着る必要なんてありませんよ。

まして、使いもしない服にコストをかけるなんてナンセンスです。

何も変化を拒むって意味じゃないですよ。

人それぞれビジネスと言ってもみな環境は違いますから、それに合わせたバランスというのがあります。

まして服装というのは心にダイレクトに影響を受けるわけですから、無理してもすぐにタンスの肥やしになってしまいます。

ボクは営業支援スーツというビジネスに特化したオーダーメイドを作成していますから、ハッキリ言います。

仕事服に必要なのは使えることなんですよ。

例えば、マンションに大事なのは自分の居室ですよね。

ゲストルームやパーティルームがメインではないはず。

豪華なエントランスも大事ですけど、自分にとって住みやすい間取りとった住環境ではないでしょうか。

憧れてタワマンにしたけど、間取りが微妙だったら・・・ってこと。

例え話のことですからね。

それと同じ・・・かどうかなんとも言えませんが、使えない服に変化させることはありません。

自分にとって本当に必要な変化の服を手に入れて下さいね。

誰もが作業服になるスーツや、丸洗いするスーツである必要はないんですからね。

あとは芸人みたいな派手なジャケットやカットソーの上にジャケットも万人向けではありません。

無理のない使える服装のご相談、承ります。

表裏のないボクと本音で洗いざらいお話いたしましょう。

そのお悩みを解決していきましょう。

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top