オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

アナログの価値はデジタルでは代替できない

土方洋(ヒジカタヒロシ)ニックネームのターナーです。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

世の中何が何でもデジタルに移行させたいみたいです。

させたい側の人がいまだアナログなのはどうのかってことはありますけど(苦笑)

7割テレワークとか言うなら、まず自分がテレワークしてくれやって誰もが思っているわけですしね(苦笑)

ま、それはそれで置いておいて(苦笑)

 

  • アナログの価値はデジタルでは代替は出来ない

アナログの価値はアナログだから価値があるわけで、それをそのままデジタルで代替は出来ない。

ということを、だいたいの人がそろそろ気付き始めているんじゃないか。

約一年前に急に急速にテレワークだの、リモートだの、打ち合わせやミーティングは全部オンラインでなんてことになりましたよね。

で。

それってそのままアナログと同じ状態を引き継げていないですよね。

単純に通信環境であったり、そんなことはないと思いますがPC等のガジェットが無いもしくは使えない等の物理的障壁があったということではなくて、アナログでの価値と言いますか、そのものをそのままデジタルで維持は出来ていないはずということ。

元々でデジタルで事足りている部分をアナログで引っ張っていたところは当然あったわけで、その辺はキチンと住みわけと言いますか、素直にデジタルに移行すればいいわけでしたしね。

問題の根源はデジタルではやはり代替が効かないコトがあるということ。

だから日中は人が減らないんでしょ。

減るところはちゃんと減っていますけど。

渋谷の夜なんて駅以外はこの状態が真実ですよ。

なんでもオンラインで済ませるわけにはいかないから、集まるわけですよね。

リアルな場が必要だし、そこでキチンと仕事してたらご飯食べるとこと無いから、そのまま会議室で弁当食べたらどういうわけか会食というカテゴリになっちゃうとか。

そうじゃないんですよね?

オンラインじゃ代替がきかないアナログとしての価値があるんでしょ。

だから記者会見をオンラインでしないんでしょ?

そこに集まっているんでしょ?

我々ビジネスパーソンもデジタルデバイスは使いこなして当然な時代ですが、もう一歩踏み込んでアナログの価値を見出し始めているってことですよね。

だからとってノーガード戦法や、ビフォーコロナ時代と同じに戻れませんけど。

無理やりデジタルに置き換えてもしょうがないなら、新しいアナログの活用も模索していいんじゃないでしょうか。

だってそれを必要としているんですからね。

経済を止めないってそういうことだとボクは思います。

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top