オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

毎日使ってこそのオーダースーツです。大事に取っておいても何の得にもなりませんよ!

土方洋(ヒジカタヒロシ)ニックネームのターナーです。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

毎日使ってこそのオーダースーツ

大事に取っておいても何の得にもなりませんよ!

これがボクの基本的な考えですね。

オーダースーツというのはワインとは違います。

ワインの事は全くの素人なのですが一般的には、じっくりと寝かせて価値が出てくるのでははいでしょうか。

そしてここぞという時のとっておきとして取り出す、またはそのシュチュエーションに合わせてフィーリングの合うものをセラーからチョイスをしていくという感じでしょうか。

オーダースーツは全く逆です。

毎日使ってこそのオーダースーツですよ。

 

  • 勝負服なんて不要です

「あんなの飾りです! 偉い人にはそれが分からんのです!」

くらいに不要です。

分からない人には何のことか分からないと思いますが、そのくらい勝負服なんて要りません。

オーダースーツと言うともったいないという気持ちが働いて、ここぞの時に使おうとか、大事な時にこそ使うべき一着となり、いつしかそのまま使う場もなく一年が過ぎ、二年が過ぎ・・・なんてことがありえます。

勝負服=本来の自分の服

ではなければただのヨソイキの服でしかありません。

どこにお出かけですか?なんて聞かれたらアウトです。

それは自分ではないと思われているからですね。

ボクが作成するオーダースーツとはそんないつかの為のスーツではなくて、毎日使ってこその本来の力を発揮してくれると考えて作成しています。

毎日使ってこそ、自分そのものになるということ。

そうしたら誰もが自分のことをオーダースーツをちゃんと着こなしている人って思ってくれるはず。

着こなし論はまた別の機会にするとして、少なくともヨソイキにはみられないですからね。

逆言えば、いつでも勝負出来る状態とも言えますよね。

ここぞの時に持ち出してきた借り物のヨソイキ服にしか見えないオーダースーツの人とコンペしたって100%勝てるわけです。

というより勝負の前に勝負はすでに確定しているわけですからね。

だから毎日使ってこそのオーダースーツなわけですね。

少なくともボクが作成するスーツはすぐにヘタるようにはしてませんから、ガンガン使って下さい。

もちろん、この毎日というのは連日同じ一着という意味ではありませんからね。

着回しをするスーツが全部オーダースーツということです。

そういう意味でも背伸びした一着よりも現実的な使い勝手の良い二着のほうが現実的ですよって普段からお話をしているわけでございます。

さ、勿体ないと思わないで、袖を通してください。

新しい未来が見えてくるはずです!

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top