オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

オトナのビジネスの世界にはオトナの遊び心があっていい

土方洋(ヒジカタヒロシ)ニックネームのターナーです。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

大人な着こなしにも遊び心があっていい。

むしろ真面目過ぎるよりもほんちょっとアクセントを利かせてみると、自分の中にあるプライドであったり自信のような感情に訴える部分に良い意味でかなり作用してくれます。

さらに良い意味で自分が見られていると意識し始めると、おのずと所作までもが良くなっていきます。

姿勢が良くなり、歩き方すら変わっていく。

すると段々お腹周りもスッキリしていくるといった副次効果もありますしね。

今日はそんなお話を。

 

  • 袖口の色遊び

大人なオトコのビジネスシーンを垣間見ると、確かに面白みのない服装が当然のごとく目立ちます。

モノトーンと言いますか、黒づくめと言いますか、誰が誰だか・・・そんな感じでしょうか。

今日はそんな装いの話ではなくて、そこにほんのちょっとした遊び心を加えるだけで、印象も変わるし何よりも自分の気持ちをアゲアゲにしてくれるワンポイントアクセントのこと。

ビジネスの内容によっては確かにインパクトのある色柄を前面に打ち出せないというのはあるはずです。

ファッションとビジネスにおける装いは似て異なる世界だからですね。

ピッティでイケてるからといってベージュを仕掛けてもそんな色は現実では使えませんというのは当たり前です。

それでも少しのアクセントで印象は変わりますし、ボクはその方が好きです。

その一つがジャケットの袖口のボタンホールの色遊び。

袖口のボタンホールを一か所だけ変えてみるだけで世界が結構変わります。

ギトギトに自己主張出来ない環境は誰もが同じです。

ファッションの世界に身を置くならいざ知らず、自分をあえて主張させないスタイルもまた装いです。

が、それだけだとつまらないし楽しくないですよね。

そこで、ほんのちょっとだけ遊び心を取り入れてみる。

それが袖口のボタンホールを変えるという小技です。

既製服ではどうにもなりませんが、ゼロから作成するオーダーだとそれほど難しいことではありませんし、実際にココアッソでは多くの方がこの袖口の色遊びを楽しんでいらっしゃいます。

ポイントは全部のボタンホールの色を変えるのではなくて、あえて一か所だけ色を変えるのです。

全部変えるとただのマニアなジャケットになってしまいますし、ボタンホールであればフロントボタンやフラワーホールといったありとあらゆる場所の色を変えることが出来るのですが、それもちょっといやらしく見えてしまうので、オトナ男子は袖口の一か所だけ変える。

何気ないそこが色気になるわけです。

気が付かない人は気が付かないけど、分かる人にはちゃんと伝わります。

キチンと身だしなみを考えている人、その他大勢の中から特別な存在とオトナ女子から認識してくれるはず。

どうでしょう?

ちょっとした遊び心を袖口で表現して、いつもと違う視線を感じてみませんか?

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top