オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

風邪をひく前に暖かい服装にチェンジしよう「装いとは相手への気配りです」

土方洋(ヒジカタヒロシ)ニックネームのターナーです。急に寒くなってきました。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

ちょっと一気に寒くなりました。

気温のブレはまだあるかと思いますが、10月に相応しい気温ではないでしょうか。

ボクとしては重ね着が出来るようになるので楽しくて仕方が無いです。

しかしながら・・・

未だにシャツ一枚で粘る猛者がいるのも事実・・・

しかも麻の夏用シャツのみスタイルとか・・・

暑がりだからとか云々言う前に大丈夫かって思うレベルですよね。

体調を崩してしまったら意味がないと言いますか、ビジネスで支障をきたすのではないでしょうか。

ただでさえ時代的に風邪を引いたって言い訳は誤解を招きやすいです。

うかつに熱を出そうものなら隔離されかねません。

そんなことをしたらチャンスを逃すどころか、復活すらままなりません。

もしも本当だったならちゃんと養生しないといけませんが、ただの風邪でも許されないのが今の時代ですからね。

無理をせずに暖かい服装にチェンジしましょう!

 

  • ビジネスにおける装いとは相手への気配り

未だに商材やスキル、話法といったテクニックに頼るビジネス手法もありますが、それ以前のマナーとしての服装は大切です。

オンラインであれば多少はバレないと思いますが、物理的にリアルで何らかのビジネスがあるからこその外出であるならば、相手を思いやる気持ちが大切です。

自分が良くても相手が不快に感じてしまったらそれは装いとして失格です。

=ビジネスにおける成果が減少しかねない事態になってしまいませんか。

それ以上に強烈な熱意やカリスマでどうにでもなるのでしたら問題ありませんが。

ビジネスにおける装いとはファッションという自己満足の世界とは根本的に違います。

似て異なるのです。

極端な話、自分が自分の服装が気に入らなくとも相手が気に入ってくれたならばそれが装いとしての正解なのです。

そして暦通りの気候になっているのですから、それに合わせた服装にすることは相手への思いやりとして当然ということですね。

何よりも体調を崩して自分自身のパフォーマンスを落としてしまったら意味ないですからね。

本気で暖かい服装にチェンジするのを早めていきましょう!

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top