オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

なんにでもオンラインを取り入れる時代だからこそ、触れることで感じることが出来るのがお洋服には価値がありますよね

土方洋(ヒジカタヒロシ)ニックネームのターナーです。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

世の中オンラインの時代が来る来ると煽りまくられている時代ですね。

オンラインをしていないと滅びます的な、なんにでもオンラインに結び付けていかないといけない世の中なるそうですよ。

お洋服はすでにEC(ネット販売)の仕組みが構築されていますから、とても大きなくくりとしてはオンラインという手法を取り入れること自体はさほど問題にはならないでしょう。

そういうお洋服ならね。

触れずに手に入れて、そのまま触れずにすぐにメルカリ行きになるくらいの価値しかないその程度のお洋服ならばいいんじゃないかな。

そういうジャンルのお洋服もあって良いです。

多様性を受け入れられる成熟した世の中ですからね。

でも、それが世の中の全てでもない。

そう単純に振り切れるほど、この世は単純ではない。

お洋服とは個人の感覚や感性、感度という心に響く要素が大きいから。

一律同じ作業する為の安全服というカテゴリならまだしも、なんらかの目的があってお出かけなりオンラインに参加するからこそお洋服が必要なわけで、そこにはその着る人の好みが反映されるわけですよね。

気に入らない服は着ませんよね。

そんな服で大切な用事で使いませんよね。

デートで着ないでしょ。

 

  • 触れてみることで実感出来るのがお洋服

人間には五感がありますよね。

その中でも視覚ばかりを優先しすぎても疲れるだけじゃないでしょうか。

視覚以外にも聴覚、嗅覚、味覚、そして触覚がある。

視覚以外のこの感覚って大事じゃないでしょうか。

なんでもモニター越しの資格に頼っていても、お洋服に限ってはやっぱり心にまで伝わらないんじゃないでしょうか。

ダメじゃないですよ。

仕組みはすでにあるんだし、実際にECでの取引量は凄まじい数字をたたき出していますから。

でもその程度の服でしかないような気がするんですよね。

触覚って、心に響きませんか?

視覚以外のこの触れて感じることって、価値がありませんでしょうか?

触れることによって、あれこれと想像出来ませんか?

今度のお仕事に使えそうだとか、食事に行く時にいいかなとか、一枚羽織りたい時にいいかもってね。

なんでもオンラインを取り入れるのもいいですが、実際に触れてみることが出来るお洋服って価値があるんじゃないでしょうか。

それってものすごく幸せなことじゃないかな。

実店舗ってホント価値がありますよね。

お洋服に触れることが出来るってことを大切にしていきたいなと、最近そんなことを考えています。

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top