オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

意外と気が付かないベルトの痛み

土方洋(ヒジカタヒロシ)ニックネームのターナーです。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

日中はまずまずの天候が続くと結構蒸し暑く感じます。

ジャケットを着用しているビジネスパーソンはかなり少数派になってきているように感じます。

そうなると必然的に気になってくるアイテムがあります。

ベルト

結構傷んでいませんか?

男性が普段身に着けるアイテムの中で一番買い替えることなくしかもノーメンテナンスで使い続けるアイテムがこのベルトでしょう。

いったいいつ購入したか覚えていらっしゃいますでしょうか。

気が付けば相当な年月が過ぎていたなんてこともあるかもしれません。

そこで一度今ご自分が身に着けているベルトをチェックしてみてくださいね。

人間意識しないと本当の物事が見えないもんです。

少し前の映画シックスセンスみたいなもんです。

 

ということで、あらためて確認してみると・・・

結構痛みが進行していることに驚くはずです。

ひび割れ、ちぎれかかっているなんてこともあるかもしれません。

いつも同じ穴を使っているので伸び伸びになってしまっているという話はよく伺います。

傷んだベルトは一度気が付くと気になってしょうがないアイテムです。

特にジャケットを着用していないと目に付きやすいですからね。

やっぱりデキル男を演出したいのであれば、傷んだベルトは避けたほうがよいでしょう。

思い切って買い替えも良いと思います。

いつかはどこかで切り替えるのですから、それが今だったってことです。

 

買い替えのポイント

色を合わせて上げるとちゃんとしている人に見えてきます。

言うまでもなく、シューズと色を合わせておきましょう。

革製品は色を上手く合わせたほうが断然見栄えがよくなります。

そして、パンツに合わせたデザインにしましょう。

よくあるのがデニムパンツに使うようなウエスタン系のぶっといベルトはビジネスでは使いにくいです。

その逆もしかりで、フォーマル用のベルトもシック過ぎちゃいますからね。

何事にもバランスは大切です。

体の中心にくるアイテムは目に留まりやすいです。

ここまで読み進めて気が付いてしまったら・・・

買い替えましょうね!

 

ちなみにココアッソでもベルト扱っておりますです。

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top