オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

衣替えの準備を開始しましょう!

土方洋(ヒジカタヒロシ)ニックネームのターナーです。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

2月ももう三分の一が過ぎました。

寒波がきておりましたが、それも春の空気に入れ替わるために動き出しているってことです。

さてさて衣替えの準備を開始してまいりましょう!

 

  • 衣替えは日本独自の文化

四季のある日本には風情という言葉があります。

季節を楽しむということでしょうか。

四季折々のその景色を感じるということをボクたちは物心ついたころからずっと知らず知らずのうちに認識できるようになっています。

顕在意識で認識するのではなく、無意識化で自動的に感じているわけです。

こうして言語化しなければそもそも思考していないレベルの潜在意識の奥底にまで浸透している感覚です。

それは当然服飾文化にも影響するのは当然ですよね。

その中でも我々ビジネスパーソンも該当するわけです。

スーツやジャケットという欧米文化である服装であってもです。

因みに欧米文化圏にはこの衣替えという習慣はありませんからね。

 

  • この無意識にまで浸透している部分を上手く活かしていきましょう

服飾で印象を上げようとするというのはとっても簡単です。

わざわざコスプレしたり、自分に鞭打って頑張る必要なんてないんです。

だって、今申し上げた通り自分も含めて誰もがもうすでに潜在意識にまでその情報は落とし込んでいるのですから。

その情報にマッチするように着こなせばよいだけです。

四季に合わせて、衣替えをするだけで別人のように扱われることでしょう。

たかが衣替えと思うでしょう?

でもね、そう思っているみなさんの周りでも正しく衣替えをしている人をちゃんとそういう人として認識しているはずですよ。

それがキモです。

わざわざ自分から主張しないのが、装いの極意です。

自分にとっても負担が無く、相手も自然に受け入れてくれることこそが装いですからね。

芸人さんは別ですが、ボクたちビジネスパーソンはそうではないはずです。

何も春だからといって、若草色のスーツに水色のシャツを合わせる必要なんてまったくないんです。

そんなことをしなくても、季節にわせた質感の服装にしてみましょう。

きっと今までは違う場面に遭遇することでしょう。

春物が順次仕上がってきています。

さ、衣替えの準備を開始いたしましょう!

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top