オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

モヘアは蒸し暑くなる夏に最適な素材ですよ!

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

これから梅雨が明けてくると高温多湿な日本の夏が始まりますね。

仕立屋さんとしては一番過酷な季節ではありますが、逆に言えば楽しい季節とも言えます。

何故ならアパレル業界だからこそ、仕立屋さんだからこそ手に入る素材で自分好みに作ることが出来るからですね。

特に一昨年に軽い熱中症になった経験上どうしたら快適に過ごすことが出来るかを色々と考えております。

そんなボクだからこそオススメ出来る素材がいくつかあります。

その一つがモヘア素材です。

ハルステッド社はその代表的な織元ですね。

  • モヘアとはヤギの毛のこと

獣毛素材でもっとも普及しているウールとは羊の毛のことです。

モヘアはヤギの毛ですから元々全く違うものなのです。

ウールはみなさんご存知通り南半球のオーストラリアやニュージーランド産がほぼ全てですが、このモヘアの元であるアンゴラヤギは産地がかなり異なります。

今現在一番の産出国は南アフリカ共和国ではなかったでしょうか。

獣毛とはモヘアに限らずウールでもまたカシミアなどコンデションが整わない地域では生育出来ないのです。

正確には生育出来ますが、その刈り取る毛が最高のコンディションになるように育たないのですね。

けっこうデリケートなわけです。

その上、場所が場所だけに安定供給がしにくいという状況が続いていたために、ウールに比べて産出量はそんなに多くはないのです。

つまりレアリティは高い素材がモヘアなのですね。

 

  • モヘアが何故夏に最適なのか?

シャリシャリした素材なのでこのようにギュッとさせても・・・

パッと戻ります。

モヘアはウールに比べて熱の遮蔽性が高いと言われています。

現代においては炎天下でジャケットを羽織る機会はあまりないとは思いますが、このメリットは大きいでしょう。

そして、ハリコシ感がかなりありますので、柔らかいウール素材に比べてそのシャリシャリした風合いはかなり涼しいと感じることが出来るのではないでしょうか。

特に汗でべた付くことがないので高温化でもぼーっとすることなく意識が飛びにくいでしょう。

結構重要ですよね。

ただストレッチ性はウールに比べて皆無ですから、サイズ感などは少し調整おくのがよいでしょう。

これはウールに備わっているクリンプ(縮れ)がモヘアにはなくストレートヘアになっているという構造上の違いがありますからそのクセをうまく利用するようにセッティングすれば問題ないんですけどね。

それ以上に防シワ性が高く、近年急速に見直されている正統派回帰の流れも相まって夏の装いとして選んでおいて損はないと思いますよ!

いかにもヘビーローテーションに使えそうな感じでしょう?

モヘア素材もその配合率(さすがにモヘア100%ハード過ぎる)や糸番手(糸の太さ)の使い方によって風合いは様々ありますから、好みでチョイスすることが出来ます。

気になる方はぜひお手に触れにいらしてくださいね!

ご予約はコチラから↓

ご予約ページ

お問い合わせはコチラから↓

お問い合わせページ

ご連絡お待ちしております。

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top