オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

今日から本格的な夏季シーズンのはじまりです

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

6月に入りました。

本日より本格的な夏季シーズンに入ります。

夏服の意味するところが現代ではクールビズという言葉に置き換わっているだけで、考えてみればそれほど大きな変化はないと思います。

というより今はクールビズという天下御免の印籠のようなこの一言でなんでも許されてしまう時代といえるでしょう。

そんな時代にビジネスパーソンとしてどう装えばいいのか?

今更どうのこうのを考えたくないし問題ない方も多いことでしょう。

ただ、このブログをお読みいただいていらっしゃる方達はもっと上を目指していらっしゃるはず。

現状に満足せずにステップアップをしていくにあたりやはり身だしなみは避けては通れません。

クールビズという言葉が生まれたのが2005年です。

もう14年も前の話です。

そろそろアップデートしてまりましょう。

そこでキーワードとして覚えていて欲しいのは、半端な情報に惑わされないということです。

巷には様々な情報が入り乱れ、正解が分かりにくい時代です。

我々スーツを着用するビジネスパーソンにとって必要な情報が手に入りにくいとも言えます。

だからこそ、スーツを着用しなく良い身だしなみの情報に注意してくださいね。

それはあくまでもその世界の話であって、真似をしても良いことはないのです。

誰もがスティーブ・ジョブズで良いわけはないということです。

少し前あたりから正統派と呼ばれる流れがスーツに関する装いで呼ばれるようになりました。

行き過ぎたカジュアル化、すわなちだらしない化からの揺り戻しが起きています。

つまり半端なことをするよりも身だしなみはキチンとしているほうが正解というわけです。

スーツスタイルに自信を持っていきましょうね!

クールビズでもネクタイはして良いのですよ!

これから梅雨に入り盛夏を迎えることでしょう。

くれぐれも体調管理をしながら、快適に過ごせるようにしたいですね!

なぜなら今日からクールビズですからね!

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top