オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

ただネクタイを外しているだけにしか見えない人と、意図してネクタイをしていない人の差は何か?

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

段々とネクタイをしなくて良い季節になり、少しづつノータイのビジネスパーソンが目立つようになってきました。

クールビズという言葉が生み出され今では季節に関係なく年中ノーネクタイがごく普通の日常として受け入れられていますよね。

そこで少しだけ考えてみましょう。

ただネクタイを外しているだけにしか見えない人と、意図してネクタイをしていない人の差は何なのか?

いったいこの差はどこからくるのでしょうか?

  • 最初からネクタイありきではなく、最初からネクタイなしで考えている

簡単に言えば、元々の出発点が違うのです。

・ネクタイを外しただけにしか見えない人はそもそもネクタイありからスタートしているということです。

・意図してネクタイをしていない人は、最初からネクタイをしないことを前提に考えているということです。

この差が埋めることが出来ない根本的な違いです。

クールビズという言葉が生まれた時に真っ先にやり玉に挙げられたのがネクタイでした。

当時の某環境大臣の一言でネクタイ=不要という印象が確立されていきました。

そしてノータイでも良い=ボタンダウンシャツという紳士服業界の安易なマーケティングにより今では年中無休でいつでもボタンダウンシャツにネクタイ姿という珍妙なビジネスパーソンだらけになっていきました。

現実にプロフィール写真がそうなっている人、みなさんの周りにも沢山いらっしゃるでしょう。

ボタンダウンシャツがいけないのではなくて、その使い方が違うということです。

今までのスーツにただボタンダウンシャツにするからただネクタイを外しただけの人に見えてしまうということです。

ましてそのまま秋冬はネクタイしちゃうから、その逆のただネクタイをしているだけの人になっちゃうわけです。

そうではなくて、そのボタンダウンシャツが似合うスーツにすればよいということなのです。

伝わってますでしょうか?

ただシャツだけ変えればよいのではなくて、トータルで考える必要があるというこです。

とっても大事なポイントです。

そしてもしそのノーネクタイでもサマになる人になれた場合、そのままの状態でネクタイをするとなんとなく「こなれた感」を出すことが出来るようになっているはずです。

どうせならカッコ良く見えるほうがお得ですからね。

 

  • まとめ

今日この記事をご覧になっている方はすでに頭の中の回路が切り替わっているはずです。

つまりただネクタイを外しているだけの人と、意図してネクタイをしていない人の差が分かるようになっているはずです。

スマホからふと目の前の人に視線を移してみて下さい。

そうやって見えますでしょう?

さて、自分はどう見られているでしょうか?

現代はノーネクタイを認めている、もっと言えばそれが当たり前の時代です。

まずはそれを認識してみましょう。

そしてネクタイをしなければよいというところから、最初からネクタイをしなくて良い恰好へとシフトしてみるときっと良いことがありますよ。

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top