オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

器用じゃなくていいから進んでいこう

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

今日から師走ですね。

今年も例年と同じくあっという間に12月になってしまいました。

みなさんもそうでしょうけど、12月をまだかまだかと待ちわびているということはないですよね?

気が付いたらもう12月かって感じですよね?

今年のお正月が昨日のことのように感じますよね?

やっぱり一生懸命生きていることを実感するのはこういうタイミングなんでしょうね。

 

器用じゃなくていい

ボクは器用な人間ではありません。

なんでも卒なくこなすことなんて出来ないですし、むしろ遠回りしてしまいますし、いちいちどんくさいほうです。

手間かけた割に実りが無いことなんてごく当たり前の日常です。

でも、何もしない人よりも先に進んでいると思っています。

愚痴や言い訳、周りの環境や人のせいにして、またはやってもいないことを何もしないうちから否定するとか、とりあえず文句言って結局何もしない人、いますよね?

その場をごまかそうが、嘘つこうが、全部自分に跳ね返ってくるのにね。

あろうことかやらないことを美徳にして同志を集めようとする人っていますよね?(ボクの周りにはいないけど)

世の中器用な人がいるのは間違いありません。

なんでもサクサク華麗にこなしていく、結果を出していく、しかも美男美女とかね。

確かにスゴイ人はいます。

ボクはどうやってもそういう系統の人ではないです。

だから、コツコツやっていくことを決めて、まさにコツコツ進んできました。

器用じゃなくても進むことは出来ます。

スゴイ人を目の当たりにして、ひるんで何もしないのが一番勿体ないですよね。

時間は唯一平等に与えられたチャンスなんですからね。

益々無駄にしてしまいます。

 

  • 結局はひた向きに取り組んでいくことが正解じゃないかと思う

世の中抜け道というか、ショートカットといいますか、簡単に稼げますとか、すぐに注文がくるとか、勝手に売れますとか、速攻痩せます的な宣伝を謳い文句にしている業者は枚挙にいとまがなく、昔からずっと存在しています。

心の隙間を突かれるというか、ものすごく表現が悪くて申し訳ないのですが、いわゆる情報弱者を食い物にしているビジネスは益々巧妙化していくのでしょうね。

人は口当たりの良い情報のみをみずから選択したいし、安易なほうに流れてしまいやすいのかもしれません。

ネットを通じて同時に大勢の人と繋がれる時代だからこそ、そんな情報に巻き込まれやすいのかもしれない。

水は低きに流れるがごとく、人の心もまた低きに流れる。

ボクは器用ではないからこそ、コツコツ進んでいく方を選んで進んでいます。

隣でスイスイと快適に飛ばしている人を見ても、気にしないとは言いませんが、自分の信じる道を進んできました。

例えばエクセルやワード、もっと言えばキーボードの操作で例えるならば、我流で半端に便利なショートカットキーを使いこなすのもいいけど、根本的なタイピング操作、指のホームポジションを理解していないと、特定のことしか出来ない人になってしまいますよね。

だったら最後はちゃんと基本を覚える方が、ウサギと亀じゃないけど最短コースじゃないかと思うわけです。

 

ダラダラとボクの価値観的な内容になってしまいましたけど、泣いても笑っても今年の残すところ1か月を切りました。

悔いの残らない一年にしたいですね!

そして、今のうちに来年の装いの準備もどうでしょうか!?

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top