オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

オーダースーツでもスペアパンツを同時に注文しておくのがオススメです

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

スペアパンツも同時に注文しておく

実用スーツを作成する時に事前に準備しておくとメリットが大きいのがスペアパンツです。

ようはもう一本同じパンツを作成しておくということです。

実用スーツにおいてはどんなに頑張ってもパンツが先に劣化していきます。

これはいたしかたないことなのです。

スペアパンツは単純に本数を増やして寿命を延ばすことを目的にしています。

オーダースーツの場合、お気に入りの一着になる可能性が高いですよね。

そしてどんなにお気に入りで大事にしていても着用している限りはいつかは寿命を迎えます。

現代に生産されているスーツの服地は風合いを良くする代償として、昭和に時代にあったような生地と比べて耐久堅牢度は確実に落ちています。

劣化するスピードは速いのです。

もう一本あると安心しませんか?

 

  • 交互に履いていこう

スペアパンツで長持ちさせることは、交互に履くということです。

もしもの時に一本を大切に保管するのではなくて、常に使い続けましょう。

このほうが自然にこなれてくるのと結果として長持ちします。

なぜか?

一本を痛みきるまで使い続けてから新品のもう一本を使おうとしても、ジャケットと色合いやヨレ具合が分かっている可能性があります。

明らかに後付け感のある組み合わせは何か違和感を感じてしまうかもしれません。

結果として使わない一着になってしまう可能性が高くなります。

それを防ぐために交互に履くことをオススメしてるわけですね。

 

  • 同時に注文する意味

まず在庫があるうちでないと、後からご注文頂くときには品切れてしまっている場合があります。

ボクの場合は都度都度仕入れますので、その大元の在庫が切れてしまうともう作れなくなってしまいます。

もう一つ大事なのが、色合わせです。

どんなに優秀な織元でも、全く同じ色にならない場合が多いと聞きます。

つまりロットの違う、年度の違う服地になった場合、帳票上の管理タグは同じでもなんとなく違色味に感じることがあります。

こればっかりはコントロールしようがないのですね。

表現を変えればそれだけ繊細な工程を経て生地が作られていると言うことです。

そのリスクを冒さないためにもスペアパンツは同時に注文しておくことをオススメしているのです。

 

  • まとめ

万人が必要ではないのがスペアパンツです。

必要だと思う人だけ揃えていけば良いのです。

ボクの場合はスペアパンツは作成していません。

仕立屋さんだからというのもありますが、毎年、毎季ごとに作成していますから、それほど重要というわけではないんです。

ただ、誰もがボクと同じ環境であるはずもありませんので、使用状況に応じて準備されると良いでしょう。

単純に寿命が2倍になりますからね。

長持ちさせることは良いことです。

そんなスーツはカウンセリングをしながら答えを出していくボクに相談してくださいね!

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top