オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

ニュースレーターはお金はかけていませんが、手間はかけてます

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

ニュースレターはお金はかけてませんが、手間はかけてます

人と人のつながりは自動でするものじゃないと思うからです。

だからこそ手間をかけてます。

自慢しているわけじゃないですよ。

世の中、なんでも自動になりつつあります。

AIが独り歩きし始め、BOTっていうんですかね、プログラムが自動的に会話を成立させる仕組みもすでに始まっています。

一番大切なつながりの部分を他人に任せ、手間をかけるのがメンドクサイから業者に丸投げ、これもやらないです。

ひとりひとり顔を思い浮かべながら、書く。

お手紙って本来そういうものじゃないですかね?

なんでもモノを作れば売れた時代、あればあるほど売れた時代はとうの昔に終わっています。

そしてそんな時代にもてはやされた自動で集客します的な仕組みもすでに過去のものとなっています。

売込み一辺倒のなぞのDM、毎週大量に投函され、見ることなく捨てられているポスティングチラシ。

本当に資源とコストがもったいないような。

そして、最近はSNS上でも意味をはき違えた売り込み広告がやたら目立ちます。

あとはわけわからない売込み友達申請とか。

定期的に無言申請してきて、見るとボクと友達になりたい人はこのLINEで~とか。

SNSを使った集客システムをお教えします!とか。

そんなに集客に困っているんですかね。

SNSなのにコミュニケーションせずになぜか上から目線とか。

 

今の時代、なんでも手間をかけず、人手を使わずに出来ます的なことを今の販促ツールとして売り込んで、それを鵜呑みして無駄にお金かけて、そして信用を無くしている思考停止した時代を理解していない人達がさも最高です!みないなことを叫ばれても、むしろそんの引いちゃうでしょうということ。

なんでも人任せじゃ気づけば周りに誰もいなくなっちゃうんじゃないでしょうか。

もうそういう時代じゃないんですから。

アナログが良いってわけじゃないですけど、一人ひとりに向き合って、正直に発信していくほうをボクは選んでいます。

ぶっちゃけ苦手な部分ではありますけど、むしろ苦手だからこそ、あえてやるのがボクにとっての正解だと思っています。

とりあえず、終わってほっとしています。

またすぐに開始しますけどね!

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top