オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

今日は父の日ですよ!

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

本日は父の日です

日頃がんばっているお父さんに感謝をする日ですね!

普段あまり感謝を表現出来る機会ってあまりないものです。

こういう日くらいは穏やかに接してあげてくださいね。

 

  • 父の日って何?

そもそも父の日ってどこからきた習慣なのか知ってますか?

ボクも曖昧な部分があったので、調べてみました。

1909年にアメリカ・ワシントン州スポケーンのソノラ・スマート・ドッド夫人が、男手1つで自分を育ててくれた父を讃えて、教会の牧師にお願いして父の誕生月である6月に礼拝をしてもらったことがきっかけと言われている。彼女が幼い頃南北戦争が勃発。父ウィリアムが召集され、彼女を含む子供6人は母親が育てることになるが、母親は過労が元でウィリアムの復員後まもなく亡くなった。以来男手1つで育てられたが、ウィリアムも子供達が皆成人した後、亡くなった。
最初の父の日の祝典は、その翌年の1910年6月19日にスポケーンで行われた。当時すでに母の日が始まっていたため、彼女は父の日もあるべきだと考え、「母の日のように父に感謝する日を」と牧師協会へ嘆願して始まった。
1916年、アメリカ合衆国第28代大統領ウッドロー・ウィルソンは、スポケーンを訪れて父の日の演説を行い、これにより父の日が認知されるようになる。
1966年、アメリカ合衆国第36代大統領リンドン・ジョンソンは、父の日を称賛する大統領告示を発し、6月の第3日曜日を父の日に定めた。
1972年になり、アメリカでは正式に国の記念日に制定される。
母の日の花がカーネーションなのに対し、父の日の花はバラ。ソノラ・スマート・ドッドが、父の日に父親の墓前に白いバラを供えたからとされている。
1910年の最初の祝典の際には、YMCAの青年が、父を讃えるために、父が健在の者は赤いバラ、亡くなった者は白いバラを身につけたと伝えられる。
 -Wikipediaより-

ということなんですね。

元々はアメリカからきた文化だったのです。

正式に制定されたのは1972年ということですから、意外にも歴史は浅いのですね。

もっとも記念日が制定される前から父の日としての認知があったわけですすから、まったく何もなかったというわけではないということですね。

 

  • 母の日はカーネーション、父の日はバラを

上記を見れば分かりますが、本国アメリカではバラを送るのが通例のようです。

日本においては、母の日にカーネーションは一般的に認知されていますね。

お花屋さんは大忙し、某運送屋さんからもよく頼まれます(苦笑)

しかしながら、父の日にはバラってみなさん認知していますか?

実は日本にこの父の日をもたらしたいきさつからバラはまったく存在感がないということになっているのですね。

 

  • 日本で発足したのは1980年

実は最初にこの父の日に目を付けたのは一般社団法人日本メンズファッション協会なんですね。

アパレル関係者が目を付けたというわけです。

そこで、日本ファーザーズ・デイ委員会なる組織を立ち上げて父の日をイベントの仕掛けにしてしまったというわけです。

バレンタインデーにはチョコ、クリスマスには某フライドチキンみたいなものでしょうか。

ですから、父の日特集なる特設コーナーが現れるということなのです。

 

  • 父の日の色は黄色にブルーというイメージカラーもここから始まりました

黄色いリボンをブルーのラッピングに巻くというのも日本のオリジナル企画というわけです。

今では自然とこの色の組み合わせが脳裏に浮かんでくることでしょう。

それは色で認知度を高めようという仕掛けがあるってことですね。

 

なんだか身もふたもない下世話な話になっちゃいましたね。

でもね、仕掛けはどうあれ父の日っていうイベントがあるのはとても良いことだと思いませんか?

何も父の日だからといって、甚平だのポロシャツだのベルトだのをプレゼントしなきゃならないってわけじゃないと思うんですよ。

それよりも、一緒に過ごす時間を作ってあげる。

この日くらいはみんなで楽しく過ごせるように、家族が揃って笑顔を見せてあげるってことが何よりもうれしいんじゃないでしょうか。

お父さんもそんな時間がなによりもうれしいし、生きてきた、頑張りぬいてきた証を感じてくれるのではないでしょうか?

 

何はともあれ、今日は穏やかに過ごしたいですね!

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top