オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

スマホで生地の色を分かりやすく撮影するのって結構難しいのです

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

画像を色々と撮りためています。

主に生地や仕上がったスーツなどを撮影していますし、隙あらば色々と撮りためています。

基本的に便利ですから、スマホで撮影しています。

ボクの場合はiPhone6を使用しているのですが、これが結構難しいのです。

 

  • 色調補正というのがあります

色をキレイに見せる為に自動で補正をしていくれるのです。

おそらくどのスマホだろうとこの機能があるはず。

デジカメはよくわかりませんので、あくまでもスマホでの話。

同じ被写体でも、ほんのちょっと角度なりを変えるとまったく別の色になります。

まずこの画像です。ネイビー系ですよね。

これは上の画像と同じ生地を少し角度を変えて撮影するとこうなります。

これもフツーのネイビー系に見えますね。

同じく角度を少し変えるだけで別物のように見えます。

これはもちろん同じ生地ですよ。

少しだけ角度を変えただけでこれだけ変わります。

特に青系は色を上手く表現出来ないんですよね。

後から画像の色補正を入れるというのも一つの手でしょうけど、そうじゃなくありのままを撮影してなるべく目で見えている通りの色を出したいんですよね。

いちいちひとつづつ画像補正とか大変ですしね。

また、少し前にプロカメラマンに聞いたのは、青より紫が難しいんだとか。

 

  • フィルム時代には考えられないような便利な時代

撮影して、その場で確認出来て、そのままクラウドに上げたり、SNSで投稿まで出来ちゃう時代です。

今では当たり前すぎるくらい何気なく使っていますけど、これって凄いことですよね?

一昔前までは、撮影した画像は紙にプリントしてみるものだったはず。

今じゃそんなことしないでしょ。

スマホでPCで、TVやモニタで見るのが普通になってますからね。

そんな時代だからこそ、その技術をもっと使いこなさないとなって思います。

フィルム時代には無かったデジタルだからこその悩みですね!

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top