オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

世の中バーゲン真っ只中ですね!

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

世の中バーゲン真っ最中ですね!

赤い色一色になってます。

IMG_5559

立川にて

どこもかしこもオフセール真っただ中です。

毎年恒例のバーゲンですね。

 

  • 本当にバーゲンは盛り上がっている!?

このバーゲン時期になると、同じようなことを書いていますが、今回も本当に盛り上がっているのかなって思うお店がある。

というより、みんなそんな風に見える。

ボクはアパレル業界が長いので、その移り変わりを見てきたんです。

昔話をするような歳ではありませんが、ボクが若いころは本当にバーゲンってお得でした。

本気でお求めやすいお値段で、感謝の気持ちを表現していた、そんな感じでした。

会社都合では、シーズンアイテムを残さず売り切りたいってのも事実ですけどね。

売る側、買う側双方にとって、ウィンウィンな関係にあったと思っています。

 

  • 今は本当にウィンウィンなのか?

いつの間にか、年中値下げPOPを吊り下げているお店が多くなり、日中はタイムセールなる値下げ合戦が繰り広げられている。

定価で販売する気ないだろ、というより定価っていう定義を根本から壊しているだろ、というよりまともに売る気ないだろって思うんですね。

品質がどうのこうのって野暮なことは申しませんが、一つ言えるのは本当にお買い得でおなじみさんに対して感謝の気持ちを表現する時代じゃ無くなってしまったと言えるのではないでしょうか。

SPA(垂直統合販売、平たく言えば自分で作って自分で売るということ)という流通形態が一般化し、常に在庫を抱えることが当たり前になっているアパレル小売業界。

メーカーに返品出来る昔ながらの商形態もおかしな話ですが、それ以上に厳しい現実が覆いかぶさっているんでしょう。

もう大量に作り込んで、キレイに並べれば売れる時代じゃないですからね。

どんなにオシャレ(オシャレの概念はこの際置いておいて)に作り込んで、どんなにこだわって作り込んでも、欲しくない時代ですからね。

だってお洋服はもう十分に行き届いているのですから。

 

  • 今、ボクはオーダーメイド業界に身を置いています

その中でボクは都度都度仕入れる方式を採用しています。

在庫を抱えられるほど、盤石な経営が出来ないからです。

また、在庫を抱えたくない理由として、それを売らないといけないという本来の趣旨目的からズレた商いをすることになるのがイヤだからです。

ボクは営業支援スーツを作っています。

そこにはボクの都合は必要ないんです。

だから常にベストな生地から答えを導き出して、それを仕入れるというのがベストなのです。

よって、ココアッソにはバーゲンと言う概念がありません。

在庫が無いんですから、値段を変えようがないんです。

ボクを信頼していただける方にボクは全力で向き合う。

オーダーメイドでも安売り屋さんはいます。

値段ではその安売り屋さんにはかないませんが、オーダーメイドの本質を見つめたその先では、ボクがナンバー1です。

そうであり続けるために、ボクは今も成長するために、歩みを止めることはありません。

 

バーゲンと言う幻想から抜け出して、俯瞰で見えるその姿が、一つの時代の終わりを告げるているその姿が、まるでゴングが叩かれて、試合が終わってもまだ戦い続け、闘争本能だけで前に出ているフラフラの選手のような、そんな景色とダブるのでした。

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top