オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

インスタントコーヒーはそれはそれで美味しいと思うのです

ターナー(土方)です。

最近インスタントコーヒーはそれはそれで美味しいんじゃないかって思えるようになりました。

 

えっとですね、

ボクは結構コーヒーが好きなんですね。

いわゆるサードウェーブ系の酸味が強めが感じが好きです。

テイスティングで産地を当てることも出来るくらい。

プロにはかないませんが、フツーの人よりかは好きなほうです。

 

  • そんなボクが、最近インスタントコーヒーもありじゃないかと思っています。

最近じゃレギュラーソリュブル?っていうんですかね?

IMG_3933

知らないうちに名前が変わってますけど、お湯を注ぐだけで出来上がりのアレです。

実に手軽ですぐ飲める。

一杯分のお湯なんてすぐ沸かせるでしょ?

手間がかかりません。

後片付けも簡単です。

コストも安いし。

それで考えれば美味しいんじゃないです?

 

  • どういうこと?

要は比べる必要がないってこと。

手間暇、コストをかけた本物のコーヒーと比べるからおかしなことになるわけで、そうじゃないところで考えれば十分に美味しいって思うのです。

少し前のボクならしょせんインスタントでしょ?って思ってましたよ。

最近変化してきたんですね。

これはこれでありって思えるようになったんです。

そんな風に思えるとこのレギュラーソリュブル?コーヒーも案外悪くないんですね。

 

最近ボクも変化してきました。

俯瞰で物事を見るクセがあるからなおさら良く分かるようになりました。

要は他人と比べる必要なんてないってこと。

すごい影響力のある人と比べたところで意味がないということ。

ボクはボクでいいんだってこと。

オーダーメイド業界で言えば、ボクよりもはるかに上を行っている人、格段に優れた能力を持った人はいらっしゃいます。

そんな人と比べる必要はないということ。

今のボクは昨年から比べると格段に違う別世界に来ているのを自覚していますし、その為の行動をしています。

それを感じているんだからいいじゃないかと。

比較対象として別次元の存在を引き出して、自分で自分を貶めてもしょうがないんじゃないかと。

ボクはボクのペースで少しづつ成長を、前進しているのだからそれで良しとしていいんじゃないかと。

ボクはオーダーメイドのプロとして自覚も自信もありますが、究極ではありません。

まして神様でもありません。

ミスもするし、間違いも起こします。

凹むこともあるし、ガックリくるときもあります。

でも、他人と比べてそんな感情を持つ必要はない。

それぞれが味があり、それが進歩している。

インスタントからレギュラーソリュブル?になっているように。

ボクの立ち位置はインスタントじゃありませんけどね(苦笑)

 

最近、人前でお話する機会も増えてきたり、思わぬところで色々な出来事が起こり始めていて、こういう道をたどっていくのが影響力を持つことなのかと思ったわけです。

道半ばだから、頂きにいる凄い人たちと比べなくてもいいんじゃないの?と思ったわけです。

 

最近のインスタントコーヒーはそうい意味で、ボクにとってはそれはそれで美味しいのです。

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top