オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

時間をなんでもお金で計算するって

こんにちは

 

スタジオ ココアッソ

代表の土方です

 

最近違和感を覚えるビジネス思考

 

時間をなんでもお金で計算すること

 

高度成長化時代のアメリカナイズされた思考のような気がするんです。

たとえば、某マッキンゼー出身のコンサルの人。

なぜ通勤に1時間かけるのか?それなら晴海あたりに住んで通勤時間30分にしてその30分仕事すればどうなるかと未だに説いている。

その人の時給換算で1時間5,000円だとすると、2,500円の生産性が損なわれていると。

wallpaper1110059

どうなんでしょうね?ってこと。

そんなに時間=お金なんでしょうかね?

確かに分刻みでスケジュールが埋まっている人はいる。

ものすごく忙しい人、凄まじい立場の人、毎日勝負かけてる人、

すごいです。マネ出来ない。もうマネもしたくもない。

そもそもものすごく忙しい人は既に晴海あたりに住んでらっしゃるんじゃないでしょうか?

 

人それぞれですが、通勤時間を1時間かけてる人にはそれなりの意味があると思うのです。

お金で計算出来ない部分がある。

 

人は感情がある生き物、マシーンじゃない。

 

マシーンとして働くことは出来ますが、永久機関としては働けない。

はたしてその先に何が待っているんでしょうね。

人生において仕事がすべてではないですが、ほぼすべてって感じなんでしょう。普通はね。

その時間を命削って戦うことに違和感を覚えるってことを言いたいわけです。

時代が変化してると感じる。

わたしも経営者なので、オンとオフという概念ではもう割り切れない、ある意味ずっとオン状態です。

でも、なんでもかんでも時間=お金という概念の外にいるから苦じゃないですけどね。

スイッチ入りっぱなしだけど、好きなコトしてるから、すごく楽しい。

本当にありがたいことです。

 

話少し戻しますが、朝30分時間短縮して職場に行った人がその30分で時給換算で2,500円稼げるのでしょうか?

主に現場で最前線で稼いでいる人は十分に価値があるかと思います。

では、役員クラスの人は?

朝30分早く来て何してるの?

日報、週報、月報見てるの?朝の段取り組んでるの?会議してるの?お金稼ぐことしてるの?

そもそも当たり前じゃない。

一般論として、最前線の現場スタッフより当然時給は高いはずです。

でも、どうなのかなと。

また、今やどこでも仕事が出来る時代、

情報インフラがしっかりしてるから、職場にいる必要すらないのではないかと。

 

まとめ

時間=お金

はすでに破綻してるんじゃないかと思うわけです。

もちろん現場があるお仕事はありますから、体壊さないように頑張ることは大事ですよ。

特に若いうちは多少無理して経験値積んだほうがいいというのが持論ですから。(ブラックを推奨してるわけじゃない)

しかし、その人がそこにいる価値が見いだせないのにそこにいても仕方ないんじゃないかと思うわけです。

ちょっと過激な表現ですがね。

凄まじく進化してる時代、

働き方、仕事観を変化させていかないとね。

 

ダーウィンが進化論で言っていたと思っていたけど、実は後付の誰かの創作の警語

でもいい言葉。

 

「最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。唯一生き残るのは、変化できる者である」

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top