STUDIO  COCOASSO

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

コートのフロントボタンのお話

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

コートのフロントボタンのお話

オーダーメイドでコートを仕立てる時にデザインをいくつか選択することが出来ます。

その中で一番見える部分の一つがフロントボタンのデザインでしょう。

具体的にどういうことかというと、ボタンを見えるようにするか、隠すようにするかと言う選択が出来ます。

これを一般的に、ウチヌキとヒヨク(比翼)と言います。

まずは具体的にどういうことなのか見てみましょう。

まずウチヌキがこちら

 

こちらがヒヨク

さて違いが分かりますでしょうか?

ヒヨクとはボタンホールの上にもう一枚布地があるようになるので(正確には表生地の裏側にもう一枚ボタンを留める布地を当てる)、ボタンを留めた時にすっぽりと隠れるようになる仕様のことを差します。

英語圏ではフライ・フロントなんて呼ばれていますね。

ウチヌキは当然普通にボタンを留めるようにしてある仕様です。

元々の西洋圏での歴史からするとこのヒヨク仕様が正式であるとされていますが、現代においてそのようなことを口にするのは愚問というものです。

どちらを選ぼうがまったく問題ありません。

また当たり前ですが、ダブルブレストではヒヨクには出来ませんよね。

 

オーダーメイドではいろいろなことが出来ますが、なんでも盛り込もうとするとよくわからないものが出来上がる可能性が高くなります。

またそれぞれのパーツの相性もありますね。

食べ物と同じで、そこに同時にあると違和感がある組み合わせがあります。

例えば、カレー+半ギョーザランチって変でしょ?

このウチヌキにするかヒヨクにするか?といったフロントの仕様に関して言えば、それほど向き不向きはないので好みで選んでもらって構いませんけどね。

ただ、全体のイメージが当然出来ないと思いますから、細かい部分は素直にプロに任せた方が結果として正解な一着になるでしょう。

ボクの場合は、事前に脳内3Dモデリングが出来ますから、単にコートが欲しいというところの前の、どうありたいかと言う部分から掘り下げていきます。

そんなに根掘り葉掘り質問するわけではないので、単純にオーダーメイドという作り上げていく工程を楽しんでもらいます。

 

そろそろオーダーメイドでコートを一着揃えてみてはいかがでしょうか?

そしてその時には、どちらを選びますか?

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top