STUDIO  COCOASSO

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

みなさん本を読んでいますか?

ターナー(土方)です。

みなさん本を読んでいますか?

 

読んでいるとしたら、いつ読んでいますか?

 

ボクの友人に図書館に勤務している人がいます。

彼が最近ずっと今日は何の日?ってお題目でブログにて本を紹介しているのです。

 

彼のブログはココ

1546026_648760978583538_2469024999825101074_n

だれなんだロダン君です。

そこで、果たしてボクは本を読んでいるのか?とふと思ったのです。

 

ずばり読んでいない!

 

読んでいなくはないけど、都合よくしか読んでない。

いわゆるビジネス書と言われるのは、実は買っているんだけど買うだけであんまり読んでない。

自分の中にあるつじつまの合う部分だけを都合よく解釈して読んでるだけだなって思った。

なんかビジネス書疲れというか、もういいじゃんって感じですかね。

なんかインプツトしなきゃって思っていたんでしょうね。

こういう本ってボク的にはあんまり記憶に残らないんですよね。

読んだ直後は、なんか気づきみたいなのがあって、いい気分になっているんだけど、そのまま忘れちゃうんですよね。

リアルで参加するような人と人とのライブなコミュニケーションからくる気づきとはちょっと違う気がするのはボクだけでしょうか?

てか、あんまり読んでいないからエラソーなこと言えないんですけどね・・・(苦笑)

 

それとビジネス書以外はほとんどなんにも読んでないというのもどうなんだと思ったわけです。

小説、エッセイ、何かしらの文学。

以前は、通勤時間を利用してシリーズ物の小説を読み切っていたもんですけどね。

いつしかしなくなってしまった。

それは・・・

 

スマ中になってしまったから・・・

 

その時間がSNSや情報収集の時間に変わっちゃった。

もうちょっと時間の使い方考えて、自分の感性に響く活字、娯楽になる活字に触れる機会を設けていきたいと思ったわけであります。

これは、来年のテーマの一つにしてみようか?

 

電車の中で、果たしてスマホをいじらずに耐えられるかどうか?

スマホいじってない時は、絶えず何かしらの思考する時間になっている。

それを本を読む時間に切り替えることが出来るだろうか?

それと自宅にいる時にとりあえずPCの電源を押さずに本を読む時間に変えることが出来るのか?

こう書いている段階でそれを実行する意思がないことはわかっている。

だって我慢してつまらない活字読みたくないし。

まず面白そうな活字本を探すことから始めてみようかと、年末に思う今日この頃でした。

 

みなさん本を読んでいますか?

それはいつ読んでいますか?

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top