オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

スーツを単なる作業服と捉えるか営業ツールと捉えるか

土方洋(ヒジカタヒロシ)ニックネームのターナーです。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

クールビズシーズンに入りなかなかスーツ一式のフル装備仕様はしにくくなってきておりますが、それでも考え方といいますか、捉え方は同じ内容です。

いつもお伝えしていることではありますが大切な事です。

スーツは単なる作業服なのか?

それとも営業ツールなのか?

 

  • 自分に与えられた役割を知ることが大事

そもそも着こなしというのは与えられた立場、ポジション、目標は人それぞれ違いますから、当然誰もが同じではありません。

昨今はスーツを着用しない人の発言力が高まり過ぎてしまい、スーツという最強の営業ツールを過小評価してしまう世の中になり、それを真に受けてしまう人も多いの状況にあります。

スーツを着ない人のスーツと本来スーツが基本の人のスーツは似て異なる全くの別物です。

非常にに大切な部分でして、日頃からお伝えしておる次第です。

そして、そこをもう少し踏み込んでいくのが今日の内容というわけです。

だらしなく着用するスーツとスーツを着ない人の着こなしは同じではありません。

そもそも属性が違います。

変に踊らさせて、ただだらしなくて良い、カジュアルという言葉を自己解釈してただの普段着になってしまっているなんてことはないでしょうか?

それで結果が出るなら正解ですが、ただその方がラクだからというような考え方になってしまうと、求める結果とは違う方向に進んでしまいかねません。

ボクは仕立屋さんとして数多くの人をお見立てしてきて、確実に言えることは「スーツは最強の営業ツール」です。

スーツを着る人にとってのスーツはそれにふさわしい着こなしが求められるということです。

わざわざ自分でその評価を落とす必要はありませんよね。

その為には自分に与えられた役割を知ることが大事ではないでしょうか。

自分は今のビジネスにおいてどういう立ち回りをするのがベストなのか?

クライアントに対してどうしたらお役に立てるのか?

ボクが語る必要もない誰もがもう分かっていることではある部分ですが、その本質をみれば自分の服装はどうすればよいのかはおのずと決まってくるのではないでしょうか。

これはクールビズシーズンでも同じですね。

相手が不快になるようなスタイルはマイナスでしかないわけです。

自分は気にしないから相手も気にしないということはありえないわけです。

装いとは相手の気持ちです。

相手の立場に立って装う。

その最強がスーツということですね。

ですから自信を持ってスーツスタイルに磨きをかけましょう。

磨けば磨くほど結果が付いてきますよ!

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top