オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

只今オーダースーツの仕上がりは9月初めごろになります

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

只今オーダースーツのお仕上がりの予定としては9月になります。

納期としてはレギュラーシーズンよりもややお時間を頂く形になります。

理由は来月のお盆休みを挟むからとなります。

日頃工房でがんばってくださる職人さんもお休みが必要です。

誰もが必要です。

ボクはココアッソを立ち上げた当初から申し上げていることですが、オーダースーツに関わる全ての人が幸せになってもらうことを考えています。

誰かの犠牲の上に誰かの幸せを築くことは出来ないと思っています。

昨今アパレルに関してはサステナビリティが叫ばれています。

持続可能性とか言っておきながら、単に自分さえ生き残ればいいという意味合いにしか感じない邪な意図が見え隠れしています。

表層的な企業買収と転売を繰り返している単なるマネーゲームも流行っていますが、その根源にあるのはその下支えをしている人があってこそですよね。

それを無視ふんぞり返っている人間とはボクはあまり関わりたくはない。

そもそも誰もそんな損な役回りをやりたくなくなっちゃいますからね。

いずれAIとロボットがすべてを解決してくれるのでしょうが、言っておきますが、現在業務用ミシンひとつとってみても、古い旧型のマシンより何故か今販売されているマシンのほうが性能が低いんですよ。

何故かわかります?

もうパーツが作られていないのですよ。

だから昔のような精度が出ない。

その精密なパーツを作成していた下支えしていた人も企業もすでにロストしてしまっていますからね。

そんなんでロボットが作れるんですかってこと。

 

話逸れちゃいますけど、やっぱり人がいるからこそなりたっている業界です。

オーダースーツとは文字通り職人が膨大な手間暇かけて一着づつ作り上げています。

毎回違う生地の為に都度糸を変え、テンションを変え、神経を使いながら、そして古いマシンを壊さないように丁寧に作成してくれているのです。

そうやって頑張ってくれている人も当然幸せになる権利はありますし、もっともっと幸せにになってもらいたい。

ココアッソは微力ではあるけれどそれに貢献したいのです。

 

また話が逸れちゃいましたので、お盆を挟みますから納期が長くなりますよってことで(汗)

9月以降に仕上がるということは、どういうことか?

秋冬物、そしてボクのオススメのオールシーズン物を検討頂くと非常に良いタイミングになりますよってことです。

まだイメージ付かないかもしれませんが、衣替えというのも意識してご検討頂くと良いと思いますよ!

まだまだ酷暑が続きますが、スタジオは空調が効いていますから、クールにお選び出来ますよ!

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top