オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

装いのポイント -TPOが大事なのです-

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

装いのポイントのお話です

この装いと言う言葉は、分かっているようでなかなか理解しにくくて、まるで実体のないモノを掴むような、独自に考えるといつの間にか霧の中に迷い込んでしまうような中々にやっかいなシロモノと思われているのではないでしょうか。

だから知らないうちに自分独自の習慣が装いになっている。

考えるのがめんどくさくなって、朝のテレビの占いのラッキーカラーでネクタイを決める。

もう秋冬とか春夏とか関係なくて年中同じモノを着てしまう。

なんてことになってしまっている人を多くお見かけします。

決して難しくはないんです。

ものすごーくシンプルに考えるととっても簡単なのです。

 

  • ファッションと装いは別物として考えてみよう

これを混同してしまっている人が物凄く多いと思います。

これは別物として考えてみましょう。

・ファッションは自己満足感を得るもの
トレンドや時代を表現するというのでしょうか、仕掛けが毎年あってそれにのっかることで安心感、優越感、といった内面に影響を与えるのがファッションですね。

・装いは第三者が評価、判断すること
自分がどう思うかではなくて、自分を見る人がどう思うかということですね。

つまり常にファッションというトレンドを気にする場、例えばアパレル関係やまさにファッションビジネスに携わるのであれば、それにふさわしい装いにすればいいし、そうでない場なのであればその場にふさわしい装いにするのが正解でしょう。

一人だけ尖がった装いでは浮いてしまいますし、その逆も然りですね。

まさにTPOが大切というわけです。

 

  • そもそもTPOって知ってますか?

これはかつてVANという会社を立ち上げ一つの服飾文化を作った石津謙介氏が提唱し定着した和製英語とも言うべき造語です。

ちなみに当たり前ですけど海外では通じません。

・Time 時間

・Place 場所

・OccasionまたはOpportunity 場合

考えてみれば当たり前ですよね。

場の空気を読めよってことです。

極端な話ホテルでクライアントのパーティがあってそれに出席するのにTシャツ姿で伺えませんよね。

みんなでBBQする時にキッチリとスーツで行きませんよね。

それをもう少しだけ、相手の立場を読んで装いを決めてみましょうというのが営業支援スーツなのです。

 

・自分の立場、役職をキチンと表現していますか?

・場に合わせてスーツの素材、シャツのデザイン、ネクタイの色を選んでいますか?

結果を出している方は仕事の内容を語る前にすでに結果が出ているのです。

相手から流石ですねって言われるかどうかで、その先の道筋が変わりますよね?

商材のスペックを語る前にまず自分を信頼していただける装い、例えコンペであろうとも内容以前に結果が出ているのが装いです。

それは何も特別な格好をする必要はないんですね。

TPOとはそういうことです。

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top