オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

朝読書のススメ

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

朝読書のススメ

引越しをしてから生活サイクルを見直してきました。

ずっと続けていた習慣を切り替えてきました。

最初は戸惑うこともありましたが、3ヵ月もするともうその切り替えた生活が習慣となってきました。

今では昔の生活パターンが何だったかすら思い出せなくなってきました。

染みついた習慣を切り替えるには時間がかかります。

食生活を改善して、体調を整え、結果としてダイエットになるのと同じです。

でも、ほんのちょっとしたことで切り替わっていきます。

そしてそれが連続すればするほど、いつの間にか切り替わっていることに気付きます。

 

と、そんなことはどーでもよくて(苦笑)

最近朝読書をずっと続けています。

朝の時間の割り振りを変えたってことです。

その昔、スマホを手に入れるまでは、朝は読書の時間に割り振っていました。

それが、手元でなんでも出来る情報端末を手に入れると同時に、読書の時間はスマホをイジる時間に変わっていきました。

それをも一度、切り替えたんですよね。

結構悪くないです。

文字を読むという行為そのものはスマホでも行っています。

膨大な文字が画面から飛び込んできますから、書籍からの情報量とそんなに変わらないはずです。

むしろスマホから入ってくる文字数のほうが多いかもしれない。

しかしながら、スマホと書籍は決定的に違うことがある。

スマホは流し読み

書籍は読みふける

これはかなり違う。

正直スマホは速読じゃないですけど、次々に現れる情報を処理するために読みふけることなく、流してしまっています。

興味がなければ、即次にいってしまう。

だから記憶に残らないんですよね。

みんなもサラサラ~っていっちゃうでしょう?

それに引き換え、書籍は読みふけるんですよ。

じっくり文字と向き合うとでもいうんでしょうか。

だから、脳ミソに残るんですよね。

今時紙媒体かよって思っている人も多いかもしれません。

電子書籍も今では一般化されていますし、それをスマホで読むことも可能な時代です。

しかしながら、紙には紙の良さがあるのも事実。

いいんですよ、これが。

 

最近、生活パターンを変えて朝だけですけどね、書籍を読む時間を作ったのは正解じゃないかと思っています。

難しい文学や、難解な学術書、ビジネス書じゃないほうがいいでしょう。

素直に読みふけることが出来る本をシンプルに読みふける。

最近良い時間を過ごしています。

1930年に発刊されたハメットの代表作。実に面白いですよ!

朝読はオススメです!

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top