オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

ワイシャツは何枚持っていればいいのか!?

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

ワイシャツは何枚持っていればいいのか?

ベテランビジネスパーソンなら特に気にすることはないでしょう。

しかし、まだ枚数を確保していない人には気になるかもしれません。

そこでボクなりの回答をしたいと思います。

人によって、状況は違いますからあくまでも参考程度にしておいてくださいね。

 

ズバリ!

2週間分

この枚数は必要です。

IMG_5084

週5日なら、5枚×2の10枚です。

IMG_5387

週6日なら6枚×2の12枚。

IMG_4880

週7日なら7枚×2で14枚。

このくらいは用意しておいたほうがいいでしょう。

一週間分だけでは足りないはずです。

常に着用、洗濯のフル稼働状態になりますからね。

余裕がありません。

シャツの痛みも早くなってしまうでしょう。

特にクリーニングに出している場合は、時間がないのでスピード仕上げになってくるはず。

朝出して、夕方には戻ってくるやつです。

ちょっとシャツの生地にダメージが残りやすい。

乾燥とプレスを同時進行で行いますから、縮み安く、またボタンが割れるなんてリスクが発生します。

結果として、一枚い当たりの寿命が短くなり、我慢して着るか、また買い直すことになり、いいことがあまりありません。

それであれば、2週間分は用意しておきましょう。

IMG_5492

上着を着用しない時期だからこそ、とっても大切なんですよ!

そのほうが、気分的に、精神衛生上もよいですよね?

安心してビジネスに取り組めるというものです。

 

  • ここで大事なポイント

2週間分の枚数が必要だからといって、ボロボロのシャツをローテーションに組み込まないこと!

これは絶対にアカンです。

もうこのシャツは寿命だなって思っているシャツ、サイズが合ってないって分かっているシャツ、デザインが気に入らないって思うシャツ、着心地が悪いと分かっているシャツ、着たくないけどなんとなくいつものクセでそのまま洗濯ローテーションに放り込んでしまっているシャツ。

あるでしょ?

ね?

あるよね!?

こういうシャツは思い切って処分しましょうね。

そのシャツを着ていて信頼は得られないですよね?

そういうシャツを着ている時に限って重要な案件が回ってくるってことあるでしょう。

そういうスパイラルを引き寄せてはなりません。

 

  • たがかシャツ、されどシャツです。

ただ着ているだけのシャツと意図をもって着ているシャツでは結果が違うのは当たり前なんです。

たった一枚のシャツで結果が変わるなら、これほどコストパフォーマンスに優れたものはありません。

思い切って揃えましょうね!

 

まとめ

使えるシャツを2週間分用意すると快適に過ごすことが出来ますよ!

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top