STUDIO  COCOASSO

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

ビジネススーツの基本色はネイビーかグレーです

こんにちは

 

スタジオ ココアッソ

代表の土方です

 

ビジネスにおいての色の基本色は、

 

「ネイビー」

「グレー」

 

これだけでいいです。

 

物足りない?

いやいやこれでいいんです。

たしかに、クリエイティブなご職業、独自の個性を確立している方ならその限りではないですよ。

柄等は今回無しで、色のみでのお話です。

 

・ネイビーの色の効果

 

「冷静さ、清潔感、誠実さ、真面目」

 

と言ったところでしょうか。

大分前ですが、ビームスの設楽社長が紺ブレブームを作りました。

世の中に大量に紺ブレが出回りました。

とにかく紺ブレならなんでも売れた。(金のメタルボタンのやつね)

あのブームが去ってから、急激にネイビー(紺)が廃れたようになりましたでしょうか。

もういいやってていうイメージと高度成長時代でしたから、みな差別化したい、ハイソ(懐かしいw)ブーム、もうオシャレじゃないって流れになった。

しかし、もう時代が変わっているんですよ。

今の時代はむしろ新しいイメージが出来上がっている。

 

「アズーロネイビー」

 

とあるファッション誌にてこんな言葉がでてきました。

イタリアのイケてるオヤジが着てるとかで紹介され始めた。

そこから、復権したのがネイビーです。

アズーロネービーとは言葉で言えば青(ブルー)って感じの色。

黒に飽きたオヤジたちがこぞって着始めて定番になりました。

 

職業や用途にあっていればアズーロネイビーはとってもオススメです。

爽やかさが断然違います。

もともと日本人の肌質にはネイビー系が合いますので、とっても似合います。

営業や商談といった場面にはとても有効な色です。

余りにも青(ブルー)すぎるとイタリアのヤンチャおやじ(最近はヤンジーって言われてるのか?)になっちゃいますから注意しましょうね。

誠実さが売りになる場合はあくまでネイビーがいいです。

 

一口にネイビーといってもいろいろありますからね、基本を押さえましょうね。

 

 

・グレーの色のイメージ効果

 

「中性、控えめ、知性」

 

のイメージを持たせることが出来ます。

グレーは色の色相環にない色です。無彩色といいます。

どこに属さない色なので、中立性が高いんですね。

なので、差し色でいろいろなイメージを作り出すことが出来るのです。

特にネクタイ、シャツで季節感を表現することがしやすいので、イタリアのヤンジーたちも大好きなんですね。

また、別名をコンクリートカラーとも言われています。そこから連想させるのがインテリジェンス、知的に魅せることが出来ます。

ですので、場面としては、コンサルティングやアドバイザー的な要素を含む状況があった場合に有効に作用します。

ただ気を付けなければならないのは、しっかりと差し色でイメージを作り上げないと、

地味に見える、個性が無いといった、伝統的な普通のオヤジになります。

ですので、グレーを使う場合には、ややヤンジーを意識するくらいのバランスをもっていきましょうね。

例えば、士業の方であれば、シャークスキン調のグレーにブルーのシャツ、ネクタイは濃紺にしてみる。

冷静沈着なデキル人になります。

営業系の人であれば、スーツ、シャツは同じで、ネクタイをブラウン、または山吹色あたりにする。

それだけで相手の記憶に残ります。季節感も出るでしょう?冬だからね。

 

そんな感じです。

あとは、少し前にお話しした、

「カラーのトーンバランス」

free-sheet-1

イメージを決めていきましょう。

季節感といった要素も大事ですから、

冬なら、ブライトトーン(明るい)のビビットカラー(濃い)色ではなく

ダークトーン(暗い)のペールカラー(薄い)を織り交ぜるいいです。

例えばスモーキー系の色(やや薄くて、暗い色)などをアクセントに入れてみてください。

意識してみると、たとえばネイビースーツだとして、ピンクのネクタイにする。

フレアピンク(さくら色)なら春、少しダルなサーモンピンクなら冬をイメージさせることが出来るのです。

 

話大分それちゃいましたね。

 

まとめ

 

ビジネスにおけるスーツの色

 

ネイビーとグレー

 

この2色で十分

覚えていてくださいね

hijikata

誠実さが売りの土方になってる?

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top