オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

何度も買い替えないからこそ黒いフォーマルを選んでください

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

フォーマルウェア

いわゆる礼服と呼ばれる服装があります。

春にご予定がある場合は一度手持ちの礼服を確認してみて下さいね。

そして・・・

もし・・・

なんらかの事情で買い替える必要性を感じた場合(サイズ変化、虫食いなど)にちょっと考えて欲しいことがあります。

それがタイトルであるなるべく黒いフォーマルを選んでくださいということです。

 

  • 何度も買い替えないから

フォーマルウェアといってもいくつか種類に分けられますが、今日はその話ではありません。

モーニング、タキシードのような正礼装と呼ばれる格付けのフォーマルに限らず、いわゆる一般に認知されている黒いスーツである略礼服のことです。

日本で生まれたこの略礼服は冠婚葬祭なんでも使ってよいという文化、マナーとして広く認知されています。

そして、なんでも使えるからといって、定期的に買い替えるものでもありませんね。

ビジネススーツと同等の着用機会があるわけもなく、使い過ぎて傷んでしまうことはまずないと思います。

おそらく一度購入すると認識として、すでに持っているという安心感から、それがどんな状態であれ、どんな品物であれ問題ないと思うはずです。

たとえそれがバーゲン品で手に入れてもずっとそのままってことになってしまうのではないかと思います。

プロの仕立屋さんとして、アドバイスをさせていただくと、おそらくもう買い替えないアイテムである礼服はなるべく黒いものにしておくてもらたいと思います。

 

  • 黒さの差がハッキリ違いとして現れる

礼服を着用するということは、周りがすべて同じように礼服を着用されます。

ということは並ぶとその色合い、黒味、質感がとても目立ってしまいます。

気にされないのであれば問題ありませんが、そこに立場であったり、品格であったりを求められる場合はなるべく黒いほうが好ましいでしょう。

黒すぎて嫌味になるということも絶対にありません。

むしろ正装として当然なのですから。

葛利毛織のドミンクスはボクは最適だと思います。

  • まとめ

買い替えることがないフォーマルはなるべく黒い素材を選択してください。

ただの黒い素材とフォーマルの為に作られた黒い素材は織物としてまったく別物です。

そしてやっつけでとりあえず購入してしまうよりも、キチンとあらかじめ準備をするようにしておくと本当に安心することが出来ると思います。

どこに出席されても恥じることなく、自信とプライドと品格を携えた一着にしておきたいですね。

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top