オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

どの生地ブランドにするかより、自分がどうありたいかから生地を選んでみましょう!

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

オーダースーツを作るにあたって何を基準に生地を選ぶべきなのか?

何を基準に選ぶべきなのでしょうか?

既に何着も仕立てていて、オーダースーツのことがわかっている人でしたらまったく問題がないと思います。

しかし、初めてオーダースーツを作りたいと思った時、その最初の一着をどうするか?

何を基準に選べばいいのか?って悩むと思います。

それが楽しさでもあるのですが、基準となる部分が見えてこないとどうしていいかわからないですよね。

そこでどう選ぶのがポイントなのかを一つ上げてみたいと思います。

 

  • 生地ブランドで選ばないという選択肢が正解

オーダースーツを作りたいと思って調べてみると、実に様々な生地ブランドが見つかることでしょう。

そして、その生地ブランドを売りにしているお店が沢山見つかるはずです。

そして、それらが全てを物語っているように思えてくると思います。

調べればその生地の専門店までありますからね。

果たしてそれが全ての人にとって正解なのか?

万人すべてがそうではないのです。

例えばゼニアという生地があります。

オーダースーツの世界では最も名の通っている生地です。

非常に優秀です。

どこが劣っているというところは特段見当たりません。

ですが、すべての人に合うのか?と言われればそうではないのです。

ゼニアと言っても、そのコレクションは多様です。

今の時期であれば、トロフェオ、トラベラー、クールエフェクトあたりが人気でしょうか。

他にもいくつかありますが、それが全ての人に当てはまらないということです。

ほとんど網羅しているんですが、そうではないんです。

ゼニアではないほうがいい場合もあるということです。

それが装いであり、身だしなみであり、営業支援スーツという概念ということです。

人それぞれ、背負っている立場があり、表現したい自分があるはずです。

オーダースーツで自分を表現するということは、そのあるべき姿がどうなのかを見極めなくてはなりません。

ただゼニアブランドのスーツが欲しいのならなんら問題はありませんが、そうではないと思います。

少なくともボクにお仕立てをご依頼頂いている方は、ほとんどがブランドの指定はありません。

レアなあまり出回っていない生地もあるので、その場合は例外ですけどね。

 

  • なりたい自分、自分のあり方をスーツで表現する

本気でなりたい自分をスーツで表現する為には、ブランド縛りをしないほうがうまくいきます。

これは長年数多くの人をお見立てしてきたからこそ断言出来ます。

そして、今この世の中にある、少なくとも日本で手に入る生地のどれもが正解ととらえるほうが結果として最短で答えに近づいていくでしょう。

カノニコにはカノニコの良さがあります。

葛利毛織にも独特の良さがありますよ。

どれも優秀なんです。

そして、みんな微妙に特徴があって、向き不向きがある。

得意とする分野がありますし、そして装う人によってそれもまた違うはずです。

だからこそオーダーメイド足りえるのだと思います。

スーツであり方を表現するには、どれをチョイスするかが重要です。

 

  • その為には、キチンとコミュニケーションを取ることが大事です

ブランドありきでお話するスタッフさんではなく、もう一歩踏み込んだお話が出来るほうがいいです。

当然予算もあるでしょう。

それらも含めてすべてをお話してもらえること、それらにキチンと正面から向き合ってくれることがなにより大事です。

何もない状態から作るのがオーダースーツです。

ただ言われるがままに出来上がるだけのオーダースーツなのか?

明確なコンセプトを導き出して作り上げるオーダースーツなのか?

オーダースーツという点では同じでも、モノとして存在としてはまったく別物になるはずです。

そして一着は一着です。

気に入らないからと言って、そんなにポンポンと買い替えることはないでしょう。

そして、本当の意味でのオーダースーツというものがどんなものかという判断基準がブレていってしまうでしょう。

ただのオーダースーツが価値判断基準になってしまうと、生涯それがベースになってしまいます。

ヒヨコ理論と同じです。

だからこそ、キチンと対話が出来る仕立屋さんを選んでもらいたいですし、そこには自分のあり方を表現する為にブランド押しではないところをフォーカスしてくれるほうがよいと思うのです。

ボクはその一歩踏み込んだところでスーツを仕立てています。

ちょっと売り込みみたいでしたね(苦笑)

 

真面目にオーダースーツをご検討されているならそのあたりをポイントにしてみてください。

調べれば調べるほど、ブランドのオンパレードになると思いますが、少なくともこの記事を読んでいただいているということは、そうではないところを考えていらっしゃるからだと思います。

どうぞよいオーダースーツライフが送れますように!

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top