STUDIO  COCOASSO

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

夏場のスーツはセオリー通りの背抜き仕様か最近トレンドの大身返しのどちらにするべきか?

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

本気で暑くなる夏季において我々ビジネスパーソンはどう装えばいいのか?

半袖シャツでなるべく薄くする。

ポロやアロハで快適にする。

良いと思います。

それが装いとして成立するのであれば、迷うことなくどんどん実行したほうがいいですよね。

中途半端よりも振り切ったほうが良いでしょう。

そして今回のお題である、そうではない立場、職業である場合はジャケットを着用ないし持参するべき時があると思います。

仕立屋さんという立場上、通常スーツを着用している経営者に夏場は半袖でオッケー!とは当然言えません。

まして営業支援スーツという装いで結果を出していきましょうと発信しているので尚更ですね。

そもそもこのブログを読まれている方は、半袖シャツを着用出来ないし、したくない方がほとんどのはず・・・

ということで、いざこの夏季に使うことを前提にしたスーツないしジャケットはどう仕立てたらいいのでしょうか?ということの対策と傾向です。

昨日も書きましたが、正統派の仕立屋さんであるボク的には総裏仕様が望ましいのですが、そうもいっていられないレベルでのお話です。

 

  • 長く使うならセオリー通り背抜き仕様

せっかく仕立てたスーツです。

ここは一つ王道の背抜き仕様で仕立てるのが間違いないでしょう。

これは背中の裏地だけを取り除いただけで、前身ごろにはキチンと裏地を張り合わせます。

この意味するところは、フロント部分の裏地と表地の間の見えない部分にしっかりと芯地を据えることが出来るということ。

ボクの場合は通常フル毛芯といって、簡単に言えばたっぷりを本当の芯地を使います。

最近はコストを下げるために接着芯地が多いようですが、これも考えようで、何もないよりもヨレにくくなります(パッカリングの危険はありますけどね)

ま、他は良く知りませんが、少なくともボクの場合はヨレにくく、保形性が保たれますから、劣化しにくい一着となります。

当然デメリットというほどではないですが、しっかり芯地を入れている関係上熱が逃げませんから普通に暑いです。

夏は何を着ても暑いのですからこれはしょうがないってことです。

背中が多少風が抜けるので幾分涼しいかもしれないという、王道のスーツの仕様ですね。

 

  • 最近一般的になってきた大身返し仕様とは?

この大身返しのポイントは背中の裏地を取り払うだけでなく、前身ごろの裏地まで取り去ってしまうところにあります。

裏地は貼り付けるのは肩の部分くらいでしょうか。

もっとも最近はそれすらも付けない既製品を多数見かけますが、流石に着心地が悪いと思いますので、ボクは肩くらいは付けます。

この仕様は裏地がないわけですから、見えない部分である芯地を取り付けることがない。

つまり軽くなります。

多少ですが、熱もこもりにくくなりますから、比べれば少し涼しく感じることでしょう。

また芯がないということは柔らかい、ふんわりといった印象の一着になります。

ここ数年はこの仕様が夏も冬も関係なしに多くなっていますね。

人気はありまして、ボクも好きな仕様です。

無論、いいことばかりじゃありません。

芯地がないということはそれだけ、ヨレやすく、引張り強度などは当然落ちます。

ハードな使い方は御法度ということです。

また裏地がないわけですから、擦れ、摩擦による劣化も起きやすいですから総合的な耐久性は落ちてしまうのは致し方ないというところでしょう。

それをわかっていただいているならば、通常の仕様とそんなに変わることはないですけどね。

それを補って余りあるほどのこの快適さは一度味わってしまうと捨てがたいものがあります。

 

また、もっとペラペラにすることも出来ますし、微妙に違う薄い仕様もありますが、これ以上はビジネス用途ではなくなってしまう、またはオーダーメイドっぽさがなくなってしまってカッコよくないのでこの2択がいいのではないでしょうか。

 

  • まとめ

一般的な仕立屋さんの模範解答で言えば、背中の裏地もキチンとつけるいわゆる総裏地仕様がベストということになりますが、そうも言ってられない状況もあると思います。

クールビズという言葉に惑わされることなく、装いを大切にする必要がある場合にジャケットを着用することが求められるでしょう。

気合と根性とポーカーフェイスで乗り切るのもいいですが、出来れば少しでも涼しく、軽量化したいという気持ちは良くわかります。

その為に様々なカスタマイズが存在するということです。

これに選択するべき生地の素材の特徴をよりクーリング効果の高いモノをチョイスをすれば、かなり期待出来ると思いませんか?

ココアッソではそんな色々なコトをカウンセリングしながらカタチにしていきます。

夏場のスーツでお困りでしたら、一度ご相談下さいね!

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top