STUDIO  COCOASSO

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

立場に見合うスーツに身を包むということは相手から見れば安心感に繋がります

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

立場に見合うスーツに身を包む

営業支援スーツの基本的な概念です。

人それぞれ立場、立ち位置は異なりますが、共通して言えるのは自分が何者であるかを他者が理解してくれている装いになっているかどうかと言うこと。

経営者、社長、CEO、COOなど立場があるにせよ、それを初めてお会いする人に伝えることが出来るかどうか?

経営者だけでなく営業パーソンも同じです。

誰からも固有名詞で覚えてもらえる装いになっているかどうか?

会社うんぬんではなくて、自分という個人が誰なのかを理解されているかどうか?

これが明確な人が確実に結果を出し続けています。

これは誰かの格言でも誰かのマニュアルに書いていることでもありません。

ボクが実際にお見立てしてきたリアルに存在している人を長年見続けているからこその事実です。

 

  • 素直に表現したほうが理解してもらえる時代

業績を上げ続けているのであれば、それをキチンと身なりに表したほうが良い意味で記憶に残ります。

キチンとスキルを習得しているのであれば、それを見た目で表現したほうが伝わります。

真面目な話、中身がハッタリでも装いを正している人のほうが得をする時代になっています。

今は見た目だらしなくて中身で勝負するほど時代はのんびり待ってくれない。

例え人柄が良くてもそれが伝わらないのが実にもったいないんです。

それを素直に表現しましょう。

人は五感の内、視覚から入ってくる情報で処理することが圧倒的に多い。

そう、この手の話では誰もが聞いたことがある通称「メラビアンの法則」はあながち間違っているわけではなく、ある意味正解です。

見た目が9割だとか言っている人の話を聞いたことありますよね。

本当のメラビアンが言いたかったことはちょっと違うのでそのあたりは別の日に書くとしても、アパレルに携わる人的には身だしなみは大切ですと言いたいわけです。

 

  • 名刺よりも身だしなみ

名刺を渡さないと伝わらないよりも、名刺を渡さずとも自分が何者であるかを伝えられるほうがいいです。

名刺の肩書は最初の出会いの認識の後追いの確認くらいのおまけです。

名刺渡せばビジネスのつながりが持てる時代はとうの昔に終わっています。

名刺交換したからといって、覚えてもらえるわけではないですよね。

名前しか載ってないんじゃもう誰だかわからないし。

しかも勝手にメールマガジンを強制的に送り付けても嫌がられるだけですしね。

そんな敬遠されるようなことをするよりも、最初に好感度上げておいて、その場でキチンと仲良くなって、SNSで繋がればコンタクト取りやすいじゃないですか。

身だしなみって大事です。

それをもう一歩踏み込んだ装いが自分らしさを表現していたら、売り込みなんていらなくなります。

モノもサービスも溢れている時代、だからこそその前段階である自分らしさをキチンと整えた装いは最強の販促ツールなんですよ。

派手にする必要もないし、高額品を身に着ける必要もないです、自分が何者であるかを表現するというのはもっと簡単です。

シンプルに行きましょう!

その答えを仕立てるのがボクの営業支援スーツです。

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top