STUDIO  COCOASSO

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

もうすぐやってくるゴールデンウィーク、そのあとにやってくるのは?

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

今週末からゴールデンウィークに突入ですね。

新年度が始まってあっという間にもう月末です。

そしてやってくる一大イベントのゴールデンウィーク。

お仕事の人もいらっしゃると思いますが、公に連休が取れるのですからしっかりとお休みを楽しみましょうね。

ボクもゴールデンウィークはお休みにいたします。

もっともカレンダー上の休日をお休みに設定することはあまりなく、ココアッソを立ち上げて初めて取れるようになりました。

未だに慣れません(苦笑)

人の多さにビビって疲れます(苦笑)

ともあれ、日本人にとって特別なウィークです。

悔いの残らないように、過ごしたいですね。

 

そして!

 

ゴールデンウィークが過ぎると何が待っているでしょうか?

 

そう、巷ではクールビズという期間に入っていきます。

 

環境省としてはこのゴールデンウィーク明けから、なんでもありビズを推奨しています。

おそらくニュースでは毎年恒例のアロハ着て出社してイベントを盛り上げようというネタが配信されるはずです。

流石に、ネタとしては目新しさを感じることはもうないはずですが、だからこそ今一度確認しておきましょう。

マンネリ化していないかどうか。

ネクタイしなくていいからラクとかという問題ではありません。

このクールビズというキャンペーンが始まって以来、ずっと同じってことはないでしょうか?

ずっとエリにステッチを入れているボタンダウンシャツを着ていることはないでしょうか?

服飾は文化ですから、当然時代と共に変化しています。

クールビズという概念も、もはや日本の文化となっています。

良いか悪いかという次元の話はとうの昔です。

我々ビジネスパーソンはもはや切っても切れない関係にあるこの文化を上手に利用しようではありませんか。

古臭い同業者は何もかも気に入らないでしょうし、元々スーツがキライな人はスーツ文化の根絶を叫んでいるでしょうし、そしてとりあえず過ごせればいいっていうのが一般論ではないでしょうか。

いずれにせよ、この服飾文化をうまく味方に付けて、快適に過ごしていきたいですね。

さてさて準備はよろしいですか?

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top