STUDIO  COCOASSO

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

袖口の切羽にカラーステッチは大人のお遊びとしてオススメです

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています

営業支援スーツとは何も決まり切ったルールに縛られて作成をしているわけではありません。

オーダーメイドなんですから基本自由です。

何をしてもいいわけです(ホントはダメですけど)

大人の少しばかりの遊びの要素を取り入れたほうがいいですよね?

そう、遊び心が大事ですよ!

 

  • 袖口の切羽に施すカラーステッチは大人のお遊び

袖口のボタンホールのことを切羽と言います。

「空き見せ」と言ってただボタンを縫い付けボタンホールに見えるの偽ステッチを施すのではなくて、本当に開閉可能なボタンホールにすることを「本切羽」と呼びます。

現代においてこのボタンホールを本物にすることによって得られる実用的なメリットは特にありません。

袖をめくることなんて普通はされないはずですから。

では、どんな効能があるのかと言われれば、大きく分けて二つあります。

一つは気分が良くなる。

内面の問題ですから体感には個人差はあると思いますが(苦笑)、本切羽でイヤな気分になる人は聞いたことがありません。

もう一つは対面する相手がそれを知っている人であった場合、対等な立ち位置にいる存在として認めてもらいやすいということが言えます。

そもそも論になってしまいますが、袖口を気にしない人は当然いらっしゃいますから、その人にとっては興味がないポイントであり、効能はゼロです。

相手が装い、身だしなみを正すことを実践されている人であることが前提です。

これをどう判断するかは本人次第ですけどね。

ボクとしては、これを正しく理解されている人と言うのは、より高ランクに位置している方だと判断していますので、そういった人と対等な立ち位置で繋がることが出来るのはメリットはあってもデメリットは見当たらないと思いますね。

これは逆の立場で見ても同様のことが言えますよね?

みなさんが正しい装いをしているにも関わらず、相手がそうでなかったのならば、そういう人だと認識してしまいますよね。

ちょっとお題からそれちゃいそうなので(苦笑)切羽はあって損はないってことを言いたいわけです。

その切羽のアクセントとしてボタンホールの色を変えることが出来ます。

デキル大人のお遊びとして取り入れてみると、意外に評判が良くなるとおもいますよ!

 

  • ポイントは一箇所だけ変えること

オーダーメイドですから好きなように配色をすることは出来ますが、デキル大人としてはさりげないほうがいいですよね。

ですから、一箇所だけ色を遊ぶ。

いいと思いません?

バランスが良いのは一番下の一箇所だけ変更でしょうか。

ボタンを一つだけ外しっぱなしにしてもネタになるはずです。

先日ボクが作った迷彩ももちろん一箇所変えています。

ボクは普段はボタンを外しませんので下から2番目の色を変えています。

 

ほんのちょっとのことですが、結構ネタとして効能はあるはずですよ。

商談先で、顧問先で、より良い関係作りにお役に立つでしょう。

人間とは不思議なもので、ダイレクト過ぎる部分よりも、このほんの一箇所の変化のほうが記憶に残る場合が多いです。

万人向けではありませんが、可能でしたらほんのちょっと遊びませんか?

ボクはオススメです!

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top