STUDIO  COCOASSO

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

使いまわしが自由なスリーピースのススメ

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています

使いまわしが自由なスリーピースのススメ

ジャケット+ベスト+パンツの3つのセットでスリーピースと呼びます。

このスリーピーススタイルが今の時代に装いとして良いのではないでしょうか?

昨今行き過ぎたカジュアル化の流れから、正統派に揺り戻しが来ています。

カジュアルな装いがダメということではなくて、それぞれその場にあった装いがあるということですね。

簡単に言えば、毎年恒例の永田町でアロハのパフォーマンス。

やっぱり違和感がありますよね。

アロハが似合う場所、空間、人があるということです。

そこで、我々ビジネスパーソンはそんな情報に惑わされずに、おのおのの立ち位置でふさわしい装いが何なのかと言うことに気が付いてきているということなのでしょう。

お互いが信頼し合える振る舞い、所作、そして装いは双方がそれを理解してこそ意味があるというモノです。

そこで改めてスーツの存在意義が増してスリーピースの出番が増えているということなんですよ。

 

  • より一歩踏み込んだ使いまわしが出来るスリーピースが時代に合っているでしょう

クールビズという概念自体はもう通年で生き残っていますし、世の中の文化として浸透していますね。

そんな時代に、正統派といっても中々ピンときませんし、王道を行き過ぎて逆にコスプレになってしまっては本末転倒です。

その空気を読むとやはり様々な使い勝手のよい、つまり色々な組み合わせで着回しが利くスリーピースというのはかなりオススメ出来ます。

服飾とは文化(カルチャー)ですから、その時代に合わせて変化しています。

単に昔のままの服装が再び使えるというほど単純ではないのですね。

バブルのスーツを今使えるわけはないですからね。

ということで、色々と使い方が便利なスリーピースは装いとしてバッチリ決まり、気分もアゲアゲになるはずです。

スタイル抜群なTさまの例で見てみましょう。

今回はベストとパンツのみをオーダーで、今あるアイテムと組み合わせていきます。

ポイントは、柄をもってくる際は3つのパーツの内の一つを無地にします。

ないし、1つだけ柄パーツにします。

すると不思議といい感じに見えませんか?

お仕事が出来る人に見えますよね?(Tさまは仕事出来る人ですよ!)

時代は単なるスリーピースではなく、着回しが出来るほうを選んでいるように思えます。

ありとあらゆるモノ、サービス、情報までもがシームレスに繋がっている現代ですから、一つしか組み合わせることが出来ない単なるスーツではなくて、手持ちのアイテムをどこまでも有効に使える概念のほうが自然と受け入れられやすいでしょう。

また、パンツだけが傷んでしまってジャケットやベストのみが中途半端に残り困ってしまうという今まで起こりがちだったトラブルにも対応出来ますよね。

つまりコスト面でも収納面でも相当メリットはあると思いますよ。

 

色々と使い回しが出来る、しかも難しくない、さらに装いとして成立するスリーピース。

ご検討してみてくださいね!

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top