STUDIO  COCOASSO

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

-ARTHUR HARRISON アーサーハリソン- 

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています

「営業支援スーツ」オススメの2018年の春夏向けコレクションのご紹介です

ARTHUR HARRISON アーサーハリソン

英国においてもっとも歴史のある織物の聖地と呼ばれる地区があります。

それがハダースフィールドと言う街です。

赤レンガのまさに古き良き英国の街ですね。

英国にはその隣町にあたるブラッドフォード地区も一大産地になっていて、機械化の進歩から安定した品質の量産化に成功しています。

といっても同じような赤レンガの街ですけどね。

ハダースフィールド産の魅力と言えばやっぱりその伝統からくるドラマ性でしょう。

英国服地の正統派と呼ばれる生地は基本このハダースフィールドにて織り上げられている場合がほとんどですね。

それだけ今現存しているミル(織元)や機屋さんはコストよりも品質に重きを置く名だたるところが多いまさに聖地なのです。

このアーサーハリソンはそんな聖地で織り上げられているにも関わらず、コストパフォーマンスが良い。

ガンガン使ってもらえる耐久堅牢度もある。

特に春夏素材は撚りを強くかけた撚糸を使っていますからハリコシ感が抜群です。

湿度の高い日本においてはこの上なく快適でしょう。

ペタって張り付いてしまうイタリア生地に比べてシワにもなり難いというメリットもありますからね。

ハダースフィールド産の生地が初めての人にもオススメです。

色の使い方がイタリアとは違うのがお分かりいただけますでしょうか?

パリッとした風合いは日本の気候と相性がピッタリです。

また、今回は少量ながらサヴィルクリフォードも同梱されています。

同じく聖地で織られている、一クラス上のランクのミル(織元)ですね。

今後は日本においては縮小して行く運命にありそうなレアリティは高くなっている良生地です。

合せてご覧になってみて下さいね!

よりハリコシ感があるいかにも英国を感じる風合いですね。

 

英国の織物の聖地であるハダースフィールド産の日本の気候と相性の良い生地

ARTHUR HARRISON アーサーハリソン

84,800円(税別)

ComfortLine仕立て

Savile Clifford サヴィルクリフォード

99,800円(税別)

HighLine仕立て(高級裏地・高級釦標準)

納期は約一か月となります。

 

ココアッソは小さなスタジオの為、ご予約制にしております。

ご質問もいろいろあるかと思います。

しっかりとお時間をかけてじっくりお話もお伺いいたします。

恵比寿のスタジオで、ゆったりとおくつろぎいただけます。

なかなか相談出来ないこと、どのような生地があるのか下見してみたい、ボクがどのような人物なのか知りたいなど、お話いたしましょう。

せっかくお仕立てするなら、末永く使える相棒にしたいですね!

お電話、HPよりお問い合わせメール、Facebookのメッセージか、ボクの個人のページでも大丈夫です。

「アーサーハリソンを見てみたいんです」

「下見してみたい!」ってご希望の日時をご連絡くださいね!

TEL 03-6452-4497

携帯 070-1257-4497

MAIL c-info@cocoasso.com←お問い合わせフォーム

お電話しにくい場合は、メールで「こんなこと出来ますか?」とかご質問くださいね!

Facebookお問い合わせ←Facebookからでも可能です

受付可能時間 11:30~19:30

電話が不在の場合はメッセージをお入れいただければ、折り返しご連絡いたします。

メール、メッセージは24時間お受けいたしております。

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top