STUDIO  COCOASSO

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

キチンと自分の立場、あり方を装いで表現することはとても大事です

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

自分の立場を素直に装として表現したほうが良い時代になっていると思いませんか?

装いで結果が変わってきますという概念が営業支援スーツですが、これが益々顕著になってきていると実感しています。

アパレル業界に入り四半世紀に渡り時代の変化を感じ、実際に数多くのお見立てをしてきたからこそわかります。

ちょっと強引な文言になってしまってますけど、確かにそれは起きているんですよ。

 

  • 身だしなみが二の次の人よりも、キチンとしている人のほうが記憶に残りますよね

これは本当に言葉にするまでもなく当たり前のことですが、身だしなみはキチンとされいますよね。

少なくともこのブログをお読みいただいている方はみなさん問題はないはず。

社会人としてビジネス以前の当たり前のマナーです。

会社によっては服務規程などで記載されているところもあるでしょう。

ここでちょっと問題だと思う部分があります。

その記載されている部分があいまいになってませんでしょうか。

清潔感のある服装を心がけること、なんて書いているくらいじゃないでしょうか。

いい意味でなんでも縛り付けないので良いとは思うのですが、さすがにどこからどうしたらそうなるのかという具体的な部分は個々の価値判断に委ねられるようになっていますよね。

その価値判断とはみんな違うわけですから、バラバラになっちゃうわけです。

そしていつの間にか自分の習慣がルールとして確立してしまっているのではないでしょうか。

それがプロ目線でみても問題ないのであれば最高なんですが、どうもそうではないルールが染みついてしまっている方が多いでしょう。

以前にもどこかで書きましたけど、装いとして完璧な人なんて1000人に一人くらいですよ。

丸の内界隈をリサーチしてもだいたいそんなもんです。

これは時代だからってことではなくて、ある程度昔からこうだったのは間違いないです。

これはバルブ景気まではよかったのです。

それでもモノは売れていましたから。

世の中の流れはモノ中心でしたから、身だしなみの部分は後回しでもなんとかなっていました。

そしてその時代は既製服による大量生産時代、またはDCブランドという名前があれば認められるのが装いでしたからね。

流石に当時とは比べ物にならないくらい便利で快適で、さばき切れないくらいの情報が溢れている現代においては、その当時の感覚のままではかえってマイナスのイメージになってしまいかねません。

つまり、今現在はモノよりもヒトという考え方でビジネスをされているということになっていませんでしょうか?

みなさんの周りでも記憶に残っている人を思い出してみて下さい。

そしてその方のビジネスが何なのかを思い出してみて下さい。

最後に、そこからモレてしまった方もいらっしゃるはずです。

モレてしまっているのですからそもそも思い出せていないのでどうにもなりませんが、それを考察してみるとどんな人だったでしょうか?

ではでは、自分はどう見られているのでしょうか?

 

  • 人のことは分かるけど、自分事になると途端にわからなくなるのが人間です

なかなか自分をニュートラルで判定出来る人などいらっしゃいません。

だいたい自分自身の自己評価は高くなる傾向にあります(苦笑)

もしくはまったく関心がないか・・・

自分に関心がない人がこのブログを読んでいるとは思えませんので、ここでは自己評価が高い、自分だけは違うと思い込んでいる人向けのそろそろまとめの言葉を。

「それ、勘違いしてますよ」

自分で思うほど見られてません。

自分で思っているようなイメージで見られていません。

これホントです。

だからこそ素直に装いとして自分を正しく表現したほうがいいのです。

立場が変化されているのであれば、役職があがっているのであれば、起業されているのであれば、代表取締役の肩書があるであれば、素直にそれを見た目で表現しないと伝わりません。

伝わらないということはその場で記憶から削除されていってしまいます。

ヘタするとマイナスの記憶が残ってしまうかもしれません。

むやみに高額なモノを纏うということではなく、変に自分を落とすような安価なモノにすることでもなく、自分らしさとは何なのかという部分から装いを決めていく。

それってとても大切なコトだと思いません?

 

ボクはその部分を掘り下げて仕立てていますので、それらを営業支援スーツと呼んでいるのです。

これからの時代は、素直に自分を表現したほうが素直に伝わる時代です。

そんな装いに少しづつシフトしていきましょうね!

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top