STUDIO  COCOASSO

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

立場にあった身だしなみ -お客さま紹介-

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

立場にあった身だしなみはとても大切です。

そんなお客さま紹介です。

今回ご紹介するのは前回もご登場いただきましたKさまです。

実は代表取締役に就任されるとのことで、それに見合う装いとしての逸品です。

装いで立場を表現するというのはとても大切です。

日本の伝統的な習慣として、腰を低く下に下にという作法がありますよね。

名刺交換一つ取ってみても、下から差し出すといった習わしはよくあります。

それが必要な立ち位置も当然あります。

数多くの修羅場を潜り抜けてきた歴戦の取引先、上席とタメ口を開いて言い訳はありません。

自分の立ち位置をキチンを推し量ることが大切なのは言うまでもありません。

本日はその立ち位置が高いところにあるからこそ、装いはより一層大切だということを表現していただいたKさまのご紹介。

装いで立場を素直に表現したほうが、周囲の好感度はあがるはずです。

どうしても装いは二の次になってしまい、昔のままの装いになってしまうかもしれませんが、立場か変わられているのであれば、その変化に対応されるほうが自然でしょう。

それはイヤミな装い、勘違いな装いと言うことではなく、自分という存在、あり方をビジュアルで表現することを意味します。

自信とプライドをもった装いは周囲にも安心感、信頼感を与えられることでしょう。

 

そんな視覚で立場を表現されたKさまの逸品です

なかなか画像では表現しきれないのですが、質感を大切にした王道にて作成いたしました。

オーダースーツである以上、どんな素材でも同じシルエットで作成することは可能ですが、質感はその生地そのものの価値が大いに反映されます。

コストをかけて織り上げられた生地はやはり違うということですね。

どこまでも天井知らずで上を目指せばいいということではなく、ビジネスで着用するスーツである以上使えるかどうかのバランスも当然大事なんですね。

今回はボクが信頼するスキャバルをチョイスさせて頂きました。

相当にカッコイイです。

 

Kさま、益々のご発展を願っております!

いつもありがとうございます!

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top